top

Archive | February, 2016

前立腺がんTOMOの会が講演会

最先端の放射線治療で “男の敵”をやっつけろ! 前立腺がんTOMOの会が講演会   江戸川病院(江戸川区東小岩)にある最先端の放射線治療装置「トモセラピー」で治療を受けた前立腺がん患者による「TOMOの会」が同病院と合同で医療情報セミナー「男の敵・前立腺がんをやっつけろ!」を、2月13日に東部フレンドホール(同区瑞江)で開いた。 男性では昨年のがんの罹患率1位だったのが前立腺がん。放射線治療は、前立腺が直腸のすぐ前にあるため、健康な臓器を避けて放射線を当てる必要がある。最近では放射線照射に強弱をつける「強度変調放射線治療」が副作用を最小限にできる治療法として一般的になり、江戸川病院では高精度の照射を可能にする専用機「トモセラピー」を2009年から導入している。 「TOMOの会」は前立腺がんを同じ場所・方法で治療した患者同士が2011年2月に設立した全国でも珍しい男性限定の団体で、現在約450人の会員がいる。鳴川洋一会長によると、江戸川病院で放射線治療を受けるために待合室で待っていた5、6人の顔ぶれが連日同じだったことから交流が始まり、患者会設立につながった。 年1回開催している講演会では、同病院の担当医らも講師として協力している。13日は、泌尿器科の坂本昇医師が一般参加者に向けて前立腺がんの診断や治療法などを説明し、後半で放射線科部長の浜幸寛医師がトモセラピーについて語った。 既に治療を受けた会員らの関心を集めたのは質疑応答コーナーで、がんの再発に関する質問が並んだ。2人の医師は、同病院のトモセラピー治療患者の再発率を問う率直な内容にも回答し「2013年までの統計では治療を受けた1210人中再発は8㌫.一般的な放射線治療の中では低い方」といった情報も提供した。がん診断基準の一つとなるPSA(前立腺特異抗原)値の推移を気にする声も多く、他人の数値との比較や上昇など「個人差もあるので値だけで一喜一憂しない方がよい」というアドバイスも。この日、昨年手術を受けた夫の付き添いで千葉県から参加したという女性は「医師に直接再発の話題は聞きにくいので、こういう場で回答してもらえたのは良かった」と話していた。

プロの味 おでん風みそ田楽

2月 大根がおもてなし料理に! おでん風みそ田楽 材料(4人分) 大根・・・・・・・・・・・・2本 鶏肉(モモ肉)・・・・・・1/2枚 コンニャク(軟らかいもの)・・・1丁 ユズの皮・・・・・・・・・少々 ブロッコリー・・・・・・1/4個 クコの実・・・・・・・・・12粒 ※西京玉みそ 西京みそ(白漉みそ)・・・200g 砂糖・・・・・・・・・12g 酒・・・・・・・・・40cc みりん・・・・・・・・・4cc 卵黄・・・・・・・・・1個 ※赤田楽みそ 赤みそ(桜みそ)・・・200g 砂糖・・・・・・・・・125g 酒・・・・・・・・・10cc (A)含めだし カツオだし・・・・・・1000cc だし昆布・・・・・・5㌢角1枚 塩・・・・・・・・・小さじ2 薄口しょうゆ・・・小さじ2 酒・・・・・・・・・少々 みりん・・・・・・少々 作り方 ①西京玉みそは、西京みそと調味料を混ぜあわせて弱火で5分ほど練り、最後に卵黄1個を入れる。 ②赤田楽みそも赤みそと調味料を5分ほど火にかけて練り合わせる。 ③大根はかつらむきにして直径6~7㌢、厚さ3㌢ぐらいに丸くむいて面取りする。上と下の面に3等分に2本切れ目を入れる。米のとぎ汁で火が通るくらい下ゆでして水に取る。 ④コンニャクは適当な大きさに切って下ゆでする。 ⑤鶏肉は大きめのぶつ切りにして霜降り(サッと湯通しし、水におとす)にする。 ⑥③~⑤の食材を鍋にいれて(A )のだしで含め煮にする。 ⑦鶏肉はみじん切りにして西京玉みそに入れ鶏みそにする。 ⑧大根やコンニャクにそれぞれのみそをかけのせて、ユズやクコの実、湯通ししたブロッコリーで彩りを添えると完成。 アドバイス 大根は上下の面に3等分に2本切れ目を入れると火が通り味がしみやすくなります。この時切れ目が同じ方向だと大根がわれてしまうので、片面に切れ目を入れたら90度回転させて裏側の面にも切り込みを入れてください。大根の代わりに小カブを使い、2:8ぐらいに切った下半分をくりぬき、煮込んだ後にみそを詰めて上半分で蓋をするとしゃれた一品になります。

サンストリート亀戸が来月で閉館

サンストリート亀戸が来月で閉館   江東区亀戸の商業施設「サンストリート亀戸」が3月31日で閉館する。 サンストリート亀戸は、セイコー電子工業(現・セイコーインスツル)の本社・工場跡地を利用した商業施設として1997年に開業した。2階までの低層に絞り込んだ回遊型の店舗棟や中央広場を設けた開放感のある作りは、亀戸地域の買い物拠点として幅広い世代に愛用されている。また、広場に設けられたステージでは若いアーティストによるライブが定期的に開かれ、いまや全国区の人気となった歌手らの下積み時代を支えた場所として語られることも多い。 年間来場者数1000万人と多くの利用者がいるのに閉館するのは、施設建設の計画時にセイコーが15年間(1997年~2012年)の期間限定利用を前提に開発を進めたことによる。こうした方針が打ち出された1994年ごろは、バブル崩壊で不動産市場が低迷していたため、長期的な計画は避けられた。その後、2004年に外資系不動産投資会社のアジア・パシフィック・ランド・ジャパン・リミテッド(港区)が同施設を買い受けて経営主体となり、12年以降は期間延長として今年3月までの契約で営業していた。 閉館に向けては最終日を含め様々なイベントを予定している。3月20日には、サンストリートで何度もイベントを開いてきた歌手、奥華子さん、26日には「DA PUMP(ダ・パンプ)」のミニライブなども開かれる予定だ。   跡地にはタワーマンション建設案   サンストリート亀戸の閉館後はどうなるのか。地域の関心が高まる中で浮上してきたのが、タワーマンション建設計画だ。当初案によると京葉道路沿いに地上5階程度の商業施設を建設し、奥の敷地に地上60階程度のマンション2棟が新たに建てられる。総戸数約2000戸という規模に、隣接する江東区立第二亀戸小学校(校舎建て替えにより今年3月までは同区大島5丁目の仮校舎を使用)の定員数を大幅に上回る可能性を懸念する声も出ている。 実は、高層マンションが建設される計画はかつてセイコー移転時の跡地開発の時にも出ていた。当時はオフィスと商業施設からなる36階建てのツインタワービルが検討されていたが、この案は凍結され、サンストリートが開業した。 20年近く経過して再び登場した〝ツインタワー〟案。江東区では、近隣小学校への影響も踏まえて住居構成などで子供が増えない工夫を事業者に求めている。またこの地域を地盤にする超党派の「亀戸議員団」も、昨年11月11日に事業者となるアジア・パシフィック・ランド・ジャパンの総括責任者らと面会し、設計内容を地域の事情を踏まえて検討することを申し入れたという。 地元の連合町会には昨年12月上旬に計画概要が説明されている。  事業者の広報担当によると「住民への説明資料の内容は計画イメージで、住宅の階数・商業施設の規模・テナントの構成などは未定」という。議員団団長の白岩忠夫区議は「本来なら都市計画・認可手続きに入ってから公表するものだが、地元の関心が高く早めに動き出すことになった」と語る。 近隣では都営新宿線西大島駅前にあたる大島3丁目の土地にも地上50階の商業施設などを含むマンション建設が計画されている。区内北部地域にも高層マンション建設の波が押し寄せるなかで、豊洲地域のような急激な人口増による影響も他人事ではなくなりそうだ。

竹若の「串かまセット」

グルメレポート「わたしのおすすめ店」 竹若の「串かまセット」 若宮ラジオ体操会 坂井ユカコ(50)   墨田区本所の若宮公園には、牛嶋神社の摂社若宮(お仮屋さま)が隣接し、大祭以外の年はここに連合神輿(みこし)が宮入りし、元日には初詣の行列ができます。 そんな下町らしさ漂う地に、優しいご主人と美人のおかみさんが切り盛りして創業30年の釜めしと串あげの店「竹若」はあります。昼は680円の定食や持ち帰り弁当を求め、夕方からは下町価格の絶品釜めし目当ての客でにぎわっています。 米一合をたっぷりの具材とともにじっくり炊き上げる釜めしは740円~890円、串あげは1本110円~150円とリーズナブルです。竹若で私が必ず注文するのが「串かまセット」(1350円)。釜めしにお任せ串あげ5本がついていて、炊き上がるまで揚げたての串を楽しむことができる、絶妙に“オイシイ”組み合わせです。私の場合ですが、炊き上がるまで、串あげを頂きながら生ビールをジョッキ2杯飲んでちょうどよい時間。 釜めしは茶わん3杯分あり、食べきれなければ持ち帰りも可能。ランチメニューでも一番人気の「豚なんばん」(540円)「アボとろ」(650円)、1本から注文できる串あげは、定番素材以外にも、紅しょうが、もんじゃ、焼きそば、カレーパン、あんパンなど変わりダネもあり、もう全部食べたいくらいお薦めです。 飲んで食べて、待つこと30分、最終目的の釜めしが登場。木製のフタをそっと開けると、湯気がふんわり。いい香り。小ぶりなしゃもじでさっくり混ぜると現れる、褐色のお焦げにニンマリ。素材のうまみが染み込んだごはんを口に運べば、あなたはきっと今日一番の幸せをかみしめることでしょう。 串あげ・釜めし「竹若」 墨田区本所2の10の6℡3622・2426、午前10時30分~午後1時(釜めしはなし)、午後5時~午後10時30分(10時ラストオーダー)。月曜定休。

墨田で「第1回タウンミーティング」

1人30秒だけど 区長に直接言いたいことを言いました 墨田で「第1回タウンミーティング」   墨田区が、区長と区民が直接意見交換を行う場となる「第1回 すみだタウンミーティング」の1回目を1月17日に八広地域プラザ吾嬬の里(墨田区八広)で開いた。 「すみだタウンミーティング」は、まちづくりに関心の高い同区内在住・在勤者で成るガバナンスリーダー養成講座の修了生らが企画運営する会合で、公募で集まった参加者が区長に対して自分の意見を直接伝えられる。区の主催で行政の長が地域住民の声を聞く懇談会など既存の会合は、町会長などの意見交換が多く、若者や子育て世代なども含む多様な住民が語る場を住民側で設ける試みは新しい。 17日は、「住みたい・住み続けたいまち」というテーマで、企画運営委員の品川和宏さんのあいさつで始まった。前半に墨田区や山本区長についてのクイズなどをまじえて全体の場を和ませた後、司会役を務める劇団員の近藤真紀子さんの「意見のある人はどうぞ」の声で希望者が30秒の制限時間つきで意見を発表した。図書館での地域活動を呼びかける男性や防災対策について述べる20代の女性などが次々と壇上に上がった。後半のフリートークは区長と参加者の対話形式で行われ、同区のホームページについての感想から「民泊」の問題、大学誘致など、幅広い話題が取り上げられた。 会場では舞台のスクリーンに発言の要旨が映し出され、会議でのホワイトボードのような役割を果たした。率直な意見が交わされたこの日の様子は「ユーストリーム」で動画配信もされた。運営者の一人の吉川泰一さんは「多世代から様々な意見が出て運営にかかわってよかった」と話していた。 その後、「タウンミーティング」の2回目が、1月31日に本所地域プラザ(墨田区本所)で開かれた。

スポーツキッズファイル19 若草

スポーツキッズファイル19 若草   墨田区押上周辺の小学生22人が所属する「若草」(足立千秋代表)は、1967年創立の軟式野球チーム。「のびのび野球」を信条にしつつも、区内約20チーム中で常に5本の指に入る実力派で、2014年には都親善野球大会に出場し3位と健闘した。 「厳しい野球は中学からでいい。うちは楽しく正しい野球です」と語る小笠原豊総監督。チームカラーは「代々ピッチャーを軸にした守りの野球」とのこと。また低・高学年合計で年間約70試合をこなす点も特徴だ。 一方、低学年の監督を務める飯塚達也さんは「若草」のOB。低学年の子には基礎に加え、チャンスを生かした走塁や積極的なスイングなどを伝え、「成長が見られることが指導者としての喜び」という。2012年夏には区内の大会「王貞治杯」低学年の部で優勝した。 新年度は6年生が3人となるが「少ないなかで勝つことは、大きな喜びになります」と小笠原さん。夏ごろから力をつけて「秋季大会は優勝が目標」と笑顔を見せている。  

投稿「ちょっと聞いてよ!」

投稿「ちょっと聞いてよ!」   ◎だって子供ですから! ①娘の勤める幼稚園から。今春一年生になる年長の児童が、「ハナミズキの木」を「はなみずの木」と言った。先生が訂正したけど、みんなで面白がって「はなみずの木」といっていた。 ②最近うちの学童保育で流行っている言葉「僕、かまちょ」。なんだかわかりますか?「僕、かまってほしいの~」 ③小学3年生の男子児童が、朝礼で先生のマイクをうばい「うん○」と言った。マイクを取られる先生もだらしない!      (田)   ◎ママたちのつぶやき「わたし、そんな年齢(とし)?」   ①補正下着をつけているのに、下着売り場ですすめられた(きょうこ) ②スーパーの食品売り場で試食しても断れるようになった! おばさん突入ですかね(みか) ③正月に温泉にいって「美人の湯」。老人になっても入ります ④左の指に輪ゴムをつけていたのですが、何の輪ゴムだか忘れてしまいました(ゆうこ) ⑤ガス代金ケチったら、医療費の方が高かった。 ⑥50歳のママさんが会社で老眼鏡のケースを開けたらテレビのリモコンがでてきた (m/o)

料理上手になれるかな

料理上手になれるかな   小学5年生の長女が某ガス会社の料理教室に通っている。青戸にある教室は以前から知っていたが、子どもが5年生になって学校の授業に家庭科の時間が始まったことで再びママ友の話題に上り、3年生以上は子どもだけで参加できる月1回のクラスがあることを知って申し込んだ。 教室では3年生から6年生が同じ調理場に入り、若くてかわいらしい先生が優しく丁寧に教えてくれる。出来上がった料理はその場で食べてくるようだが、お土産に持ち帰ってきたクッキーは大人も顔負けのおいしさだった。 娘はそれまで料理にあまり関心がなかったが、最初に参加した回で習ったクリスマス料理を家で作って私や夫にほめられたり、クレープを友達の誕生会に持っていって喜ばれたりと、料理を通じた人に喜んでもらえる経験にとてもうれしそうな様子だ。以前はガスの火や包丁を扱うのも恐る恐るだったが、最近では家庭科の授業や料理教室で調理の機会も増えたせいか、慣れた手つきになって感心している。教室では苦手な食材が出ても、自分が作ったことで残さず食べるよう頑張っている。 料理はまだ始めたばかりだが、そのうち「ママは料理が下手だから仕方がないなぁ」とぼやきつつ、手早く朝食や夕食、自分のお弁当を作る日が来ることを願っている母である。 (涼)

両国・回向院で「ほくさい音楽博」

義太夫やスティールパンの響きにふれてみよう 14日 両国・回向院で「ほくさい音楽博」   伝統芸能の義太夫や中米トリニダード・トバゴ生まれのスティールパンなど、子供たちが世界の楽器に触れたり、その響きを楽しむことができるイベント「ほくさい音楽博」が2月14日に回向院(墨田区両国)で開かれる。 イベントを開催するNPO法人トッピングイースト(墨田区本所)は、東東京地域で音楽を気軽に楽しめる機会を増やしたいと、理事長の清宮陵一さん(同区亀沢)など墨田区在住で音楽関係の仕事に携わる人たちが立ち上げた。子供を通じて知り合った〝ママ友〟〝パパ友〟も参加して地域に根ざした活動をしている。 任意団体時代の2010年から続けている「ほくさい音楽博」は、今回で5回目。初期は北斎通りのかばん店の倉庫を会場にしたライブイベントだったが、都と共催になった昨年から義太夫やスティールパンの練習会に参加した子供たちの発表会や、講師となったプロの演奏と体験会を含めた内容になった。ドラム缶を加工して美しい音色を出すスティールパンのワークショップは人気で、事前の練習会の募集もすぐに満席が出るほど。「おなかから声を出すことを子供たちに伝えたい」と開設した義太夫講座も、2年目に入り参加者が倍増したという。 今回は新たな取り組みとして、両国での開催にちなみ、元幕内力士・敷島の浦風冨道さんから相撲甚句を教わる体験や、浅草などのサンバカーニバルで活躍するアダチ正芳さんが講師として子供たちにサンバ楽器を教え、最後にバテリア(楽器隊)となって近隣をパレードするといった体験コーナーも設ける。 イベントを統括する茂木紀子理事(同区千歳)は、「義太夫など身近に目にすることの少ない芸能や音楽に触れる機会として世代を問わず家族で来てほしい」と、広く参加を呼びかけている。 ◇ ほくさい音楽博 2月14日午後1時開始(午後5時終了予定)。スティールパン、義太夫、相撲甚句、サンバ楽器隊などの体験は小学生対象。入場無料。