top

Archive | November, 2015

就労支援で手作りパンの店 葛飾・細田「ル・マンマ」

就労支援で手作りパンの店 葛飾・細田に「ル・マンマ」が誕生   葛飾区細田の住宅街に11月11日、手作りパンの店が誕生した。「パン工房 ル・マンマ」は、障害者の就労継続支援B型事業所としてNPO法人おおぞら会(関口節子理事長)が開店した。 ウインナー入りパン120円、シナモンバナナロールも120円。奥の厨房 (ちゅうぼう)から焼き上がったパンが次々と運ばれてくる。オレンジを基調 とした店内は、同じ細田にある「就労支援センター ファンタジア」で利用者が作ったつまみ細工のクリスマスツリーの壁飾りが季節感を出している。 2005年に江戸川区南小岩で発足したおおぞら会は、発達障害の子供たちと保護者の支援を目的として活動を始め、近年では就労支援事業も展開している。「ル・マンマ」は、12年に開設した「ファンタジア」、翌年に葛飾区柴又にオープンした「柴又まちの駅 ファンタジア」に続く三番目のB型事業所だ。 最初の施設が、自主生産品づくりに集中できる落ち着いた環境づくりを目的としているのに対し、「まちの駅」は、接客の仕事を希望する利用者の働く場として観光客や地域の人に手作り菓子の販売や喫茶を提供する。「ファンタジア」の大石徹センター長は、パン工房は、自分が製作にかかわった商品が売れる様子を直接見ることで利用者がやりがいを得やすく、作ったり売ったりする作業に意欲的な人が能力を発揮する場になる、と見込む。天然酵母を使ったパンづくりは、大石さんの妻で生活支援員の由美子さん(30)が、製パン学校に通って一から習い、全体を主導する。 開店間もない「ル・マンマ」には幼稚園帰りの親子連れなどが来店し、焼きたてのパンを購入していく。一日で10種類程度焼くため、時間帯によって並ぶパンは違うが、価格は80円から120円程度に抑えて買いやすくしている。「地域に愛されるお店として成長していきたい」と大石さんは話している。 ◎「ル・マンマ」葛飾区細田5の14の17、午前11時~午後4時。土・日曜、祝日休み。℡6657・8879

プロの味 魚いろいろ海鮮すき焼き風鍋

家庭でできるプロの味 11月 魚いろいろ海鮮すき焼き風鍋 材料(4人分) マグロ(トロ身)・・・200g サワラ・・・・・・・・4切れ ブリ・・・・・・・・・4切れ イカ(スルメイカ)・・1杯 カニ身・・・・・・・・4本 タイ・・・・・・・・・4切れ 卵・・・・・・・・・・4個 タマネギ・・・・・・・1個 白菜・・・・・・・・・1/6個 長ネギ・・・・・・・・1本 シイタケ・・・・・・・4枚 エノキダケ・・・・・・1袋 マツタケ・・・・・・・1本 春菊・・・・・・・・・1束 ゴボウ・・・・・・・・1/2本 しらたき・・・・・・・1袋 焼き豆腐・・・・・・・1丁 粉山椒・・・・・・・・少々 (A) 割り下(すき焼き) だし・・・・・・・・・250cc 酒・・・・・・・・・・50cc みりん・・・・・・・・100cc 濃口しょうゆ・・・・・50cc 砂糖・・・・・・・・・小さじ1 (B) 魚漬けだし みりん・・・・・・・・100cc 酒・・・・・・・・・・50cc 濃口しょうゆ・・・・・50cc 粉山椒・・・・・・・・少々 作り方 ①マグロ、サワラ、ブリ、タイ、イカは食べやすい大きさに切って(B)の魚漬けだしに1分ほど漬ける(カニ身はつけない)。汁気は切る。この時の汁は取っておく。 ②タマネギは縦半分にした後、横に5等分にする。 ③白菜は芯のところを5㍉の細切りに、それ以外の部分はざく切りにする。 ④長ネギは斜め切りに、ゴボウは笹がき(皮に軽く包丁目を入れて、鉛筆削りのように回しながら包丁を動かす)にして水にさらす。 ⑤しらたきは下ゆでしておく。焼き豆腐やキノコ類や春菊など食べやすい大きさに切る。 ⑥火にかけたすき焼き鍋(普通の鍋でも良い)に、(A)割り下と(B)魚漬けだしを少し入れ、①の魚などを少しずつ入れる。他の野菜類も入れる。火が通ったら完成。山椒を少しふった卵につけていただく。 アドバイス お魚を使ったすき焼きです。大皿に材料を華やかに盛り付けて来客用の料理としても喜ばれます。魚を買う時は、脂が乗っている腹の部分を選ぶことをおすすめします。材料は全てそろわなくても結構です。今の季節は牡蠣を使ってもよいでしょう。

江戸川河川敷でグラウンドゴルフ大会

元気な高齢者200人以上が参加 江戸川河川敷でグラウンドゴルフ大会   65歳以上の江戸川区民を対象とした「第1回親睦グラウンドゴルフ大会」(東部読売会主催)が、11月8日に江戸川河川敷(江戸川区東小岩3丁目地先)で開かれた。 グラウンドゴルフは、専用のクラブとスタートマットでボールを打ち、旗の ついたホールポストの中に入れるまでの打数で競う。ルールが簡単で場所を問わず楽しめるため33年前に鳥取県泊村で考案されて以来全国に広まっている。特に江戸川区では地域スポーツ講座などを通じて普及し競技人口は都内でも多い。江戸川区グラウンドゴルフ協会には、13団体の約430人が加盟登録しているという。 大会は、地元の読売新聞販売店で構成する東部読売会が、高齢者の健康増進や地域交流の機会づくりのために同区グラウンドゴルフ協会と協力して開催した。 当日は、雨の降る中を219人の参加者が雨ガッパを着込んで集合した。参加者の多くが普段から公園や学校の校庭などでこの競技を楽しんでいる人たちで、「個人競技なので誰にも迷惑をかけなくて楽しめる」「経験が浅くても、その日の調子でホールインワンが入ることもある」と魅力を語る。未経験という江戸川区篠崎町在住の女性(74)は、「この河川敷にはラジオ体操で毎朝来ている。知り合いがやっているが、面白かったら続けてみようと思う」と話し、競技に参加していた。 開会式の後、協会の宝田義雄理事長がルール説明を行い、「雨だと芝の具合はボールの行ったりきたりが少なくて良いプレーができる」と前向きな言葉で参加者を励ました。この日は、天気と気温の低下で2ゲームに繰り上げて終了した。優勝は、男性の部が伊橋三樹夫さん(79)(同区鹿骨)、女性の部は小嶋たいさん(73)(同区鹿骨)、ホールインワン賞が約30人に贈られた。参加者には後日、記念日新聞などが参加者全員に届けられた。

船堀映画祭 7回目

新旧・邦洋 多彩に上映 7回目の船堀映画祭 今年は駅前で「ほっこり」も 「第7回船堀映画祭」(船堀映画祭実行委員会主催)が11月7、8日にタワーホール船堀(江戸川区船堀)で開かれた。 前売り券を“ワンコイン”の500円で販売し、昭和の映画館街をイメージした幅広い作品がスクリーンにかかる同映画祭。2009年の初開催から7年目を迎えた。上映作品15本は昨年より2本少ないが、前売り券発売初日から完売の上映回が出た「あん」をはじめ、「ゆずり葉の頃」や「サクラ花」なども約250席の小ホールを観客で埋めた。来場者数は2日間で延べ2391人だった。また、初の試みとして船堀駅前のトキビル前広場で連動企画のイベント「ほっこり2015」が7日に開かれ、上映前後の時間を過ごす人のために抽選会や飲み物サービス、ライブステージなどが行われた。 ◎ドリアンさんと希林さんが登場 初日の「あん」上映後に原作者のドリアン助川さんが登場し、小説「あん」と映画について語った。1996年のらい予防法廃止の報道をきっかけに抱いた思いが具体的な創作活動として動き始めるまでに長い道のりがあったことや東村山市の療養所「多磨全生園」を訪れた時に河瀬直美監督や樹木希林さんとともに4000体の故郷に帰れない遺骨が眠る納骨堂に手を合わせたことなど、難しいテーマの物語を世に出すことをかなえた数々の出会いについて語った。 主演の樹木希林さんは8日の2回の上映で観客の前に姿を見せた。トークでは会場を見渡して「満席と聞いていたけど空いているところがあるわねぇ。必ずいるのよ、当日いけなくなっちゃうの。しんどくなっちゃったりして。よくわかるわぁ」と、冒頭からユーモアを交えて場を和ませた。「あん」については、2回目となる河瀬監督との仕事やカンヌ国際映画祭の「ある視点」部門オープニング作品上映のために訪れたことにも触れ、上映終了後のスタンディングオベーションが長く続いた理由を「河瀬さんが手を引いて私を立たせて観客にこうやってスーっと手を広げるから、皆拍手がやめられないのよ。『もういいよ』って帰りました」と語った。 ◎大和田伸也さんも「サクラ花」を鑑賞 船堀映画祭初の招待作品として上映された「サクラ花」は、第二次大戦末期の特攻機「桜花」の搭乗員らを描いた今月公開の作品。松村克弥監督や大和田健介さん、城之内正明さんら出演者がゲスト登壇した。現場の空気作りのために監督が初日に出演陣を海上自衛隊下総航空基地に体験入隊させてからクランクインしたことなどを明かした。健介さんは「撮影を終えて、いまこうして生きていることが素晴らしいと思った」と語った。観客席には健介さんの父・大和田伸也さんら家族の姿があり、公開間もない作品の鑑賞に訪れたという。 ◎戦前から黄金時代の作品も 「超高速!参勤交代」などの新作は人気だが、上映リストに名を連ねる昭和30年代の娯楽作品も負けてはいない。川島雄三監督の代表作「幕末太陽傳」(57年)、美空ひばり出演の「花笠若衆」(58年)、山田洋次監督「吹けば飛ぶよな男だが」(68年)のほか、「おかしな奴」(63年)では、89歳になる沢島忠監督、映画に登場する爆笑王・三遊亭歌笑の甥(おい)にあたる現在の歌笑さんが当時の様子を語った。 初開催から毎年続く無声映画上映は、1931年公開の鼠小僧もの「御誂次郎吉格子(おあつらえじろきちこうし)」が77歳の弁士・井上陽一さんの活弁で復活した。1時間40分の上映を終えて井上さんは「もう若い女性や子供の声が出なくてあきません。これで最後ですわ」とちょっぴり弱音。この活弁を聴いていた人には午前中の上映作品「ゆずり葉の頃」の中みね子監督もいた。井上さんと同い年という中さんは紹介されて舞台に上がり、「お声が出る間はお続けくださいますよう。這(は)ってもずってもどうぞお続けになって」と励ました。 ◎映画通が選んだ洋画も上映 上映作品は、実行委員会を構成するプロ・アマ混在の映画愛好者らが、海外作品も含む幅広いジャンルから検討を重ねて選定している。今回はアラン・ドロン主演「太陽がいっぱい」、江戸川区長推薦の「おみおくりの作法」やニューヨークを舞台にしたインド映画「マダム・イン・ニューヨーク」などのほか、「グランド・ブダペスト・ホテル」では、元キネマ旬報編集長の植草信和さんや映画ジャーナリストの二井康雄さんが飛び入り参加の上映前トークで面白さを語った。 昨年の“アナ雪”には及ばなかったが、「STAND BY ME ドラえもん」も子育て世代の来場を促した。胎内記憶をテーマにした「かみさまとのやくそく」では、荻久保則男監督と産婦人科医の池川明さんが、制作の動機や子育て支援の側面について語った。

「ニクマサ」の氷温熟成肉

グルメレポート「わたしのおすすめ店」 「ニクマサ」の氷温熟成肉 整理収納コンサルタント 橘田えみ(55)   東武亀戸線東あずま駅前で、真っ赤に目立つ焼き肉屋さん「ニクマサ」。テ レビにも紹介され、お味はもちろん下町愛情たっぷりのサービスに驚きです。私は打ち合わせを兼ねた“昼から焼き肉”がたまらなく楽しみになっています。 平日ランチのおすすめは、肉厚ジューシーな「ヒレ・カルビ・ハラミ」が2種類選べるダブルセット(1080円)。ガッツリさんには、お肉150㌘で1150円。野菜がギッシリ詰まった特製だれの壷漬(つぼづ)けカルビ(972円)も、つい頼んでしまう一品。肉問屋さんの直営店だからどれもこれもおいしいのです! ディナーの極めつけに今話題の氷温熟成肉はいかがでしょう。岩手産「豚姫」 (150グラム1058円)の脂があま~くトロける食感は、まさに絶品。0度~マイナス5度で生み出されるアミノ酸うまみ成分がギュギュっとつまっています。 見逃せないのは、かわいい女性店長・小形遥香さんのおもてなしデザート。自家製ティラミス・パンナコッタ・ババロアなどがカフェのように楽しめます(各378円、コーヒー・紅茶セット648 円)。本格ドルチェに女子心くすぐられる、丸ごとシアワセな焼き肉店は初めてです。 夜限定で面白いのは、名前に「まさ」が付くと1000円引きというサービス。まさき、まさこさん、ご一緒に! 水曜はレディース(一人いればOK)、木曜はシルバー(60歳以上)対象に、壷漬けとサラダが1組に1セットつく特典も見逃せません。店内はジャズが流れて落ち 着いた雰囲気。きっと「ニクマサ」がやみつきになります。 ●「ニクマサ」 墨田区立花3の14の1℡ 6657・0172。午前11時30分~3時(注文は2時30分まで)、午後5時~11時(同10時)、火曜定休。  

江東商業が110周年

江東商業高校が110周年で記念の式典    都立江東商業高等学校(江東区亀戸)が創立110周年を迎え、10月31日に記念の式典が東武ホテルレバント東京(墨田区錦糸)で行われた。 1世紀を超える歴史を誇り、商業高校としては都内でも有数の同校は、総武鉄道亀戸駅が開業した翌年の1905年(明治38年)に亀戸実業補修学校として亀戸尋常高等小学校内に併置設立され、戦前は主に女子のための学校として実業教育を施した。東京大空襲により校舎が焼失し、本所区立緑国民学校(現・墨田区立緑小学校)や中和小学校に移転を繰り返した。 地元の運動で亀戸に戻り水神小学校の土地に初めて独立校舎を建てた48年(昭和23年)は、学制変更で商業学校から新制高校となった時期とも重なる。2年後には現在の都立江東商業高校に校名変更し男女共学に移行した。現在の在校生は522人。地域のイベントに積極的に参加したり、マーケティング部の商店街と連携した取り組みが全国高等学校生徒商業研究発表大会の都大会で最優秀賞となり、全国大会(11月25日~27日に出場資格を得るなど、学外での活躍もめざましい。 女子の制服として今も健在のセーラー服やあいさつに見られる礼儀正しさに、伝統を見る卒業生も少なくない。同窓会会長の太田惠康(しげやす)さん(78)(江戸川区平井、56年=昭和31年=卒)は先日、同じ町内で今年5月に亡くなった卒業生・秋元照子さんの遺品として42年(昭和17年)当時の卒業アルバムを夫の登佐一さんから受け取った。モノクロ写真にはセーラー服姿の女学生がタイプライターの授業を受け、ここから巣立った多くの女性が職業婦人として一流企業で働いたという。「和装も多かった時代にセーラー服はあこがれの存在だったと聞く。秋元さんは110周年も楽しみにしていて急逝は残念だった」と太田さんは語る。写真の一部は、記念式典の当日にスライドで紹介された。 記念式典には、全校生徒を含む約640人が出席した。髙橋進校長は「幾多の苦難と曲折を経て今日磐石の重みをもって揺るぎないものとしてあるのは、先人の英知、地域社会、歴代校長、教職員、生徒たちが一丸となって学校の隆盛に努めたからにほかならない」と述べ、1万4000人を超す卒業生が社会を支えていると語った。生徒会長の三村優莉愛さんは「伝統は引き継いでまいります」と、全生徒を代表して力強い決意を示した。記念行事では、活躍する卒業生の一人として58年(昭和33年)に卒業した山一興産(江戸川区西葛西)の柳内 光子社長が登壇し、後輩たちに激励のメッセージを送った。最後に吹奏楽部の演奏に併せて開校から現在までの歩みを伝える映像がスライドで披露された。  

ジュニアプログラミングクラブQUEST始まる

コンピューターを使いこなす 次世代のクリエイターを育成 ジュニアプログラミングクラブQUEST   パソコンやスマホの扱いはお手のもの、いつかはゲームなどのアプリケーショ ンも作ってみたい――そんな子供たちにプログラミングの知識を楽しく身につけてもらい、次世代のクリエイター育成をめざす試みとして月1回の「ジュニアプログラミングクラブQUEST(クエスト)」が、10月から「co-lab(コーラボ)墨田亀沢」(墨田区亀沢)で始まった。 義務教育(中学の技術・家庭科)でも必修化されたプログラミングは、今後必要とされる能力の一つとして注目されている。「QUEST」は、墨田区を中心に体験学習を企画して地域の多世代交流をすすめる「マチナカデミアすみだ」により、パソコンに強い若者や大人の支援を受けながら子供たちがプログラミングを学ぶ場所として設けられた。対象は小学3年以上で、教材は「Scratch(スクラッチ)」というフリーソフトを利用する。 初回の10月18日は、4人の小中学生とサポーターとして大人3人が参加し、講師で現役プログラマーの竹下仁さんに「Scratch」の基本的な使い方を教わりながらネコからネズミが逃げる簡単なゲームを作成した。「SCRTCH」では、画面上にあるブロックをマウス操作で組み合わせることで、ある操作により絵を動かすなど一連のプログラムを実行させることができる。子供たちは、サポーターの助けを借りたり、先に理解した中学生が小学生に教えたりしながら初めての内容に取り組んだ。

避難所体験をキャンプで

避難所体験をキャンプで   防災教育の一環として学校など非常時に避難所となる場所で宿泊体験をする活動が各地で行われている。   ダンボールで寝場所も作る   江戸川区の青少年育成小松川平井地区委員会が10月3日と4日に江戸川区立 平井小学校(江戸川区平井)で実施した避難所体験キャンプは、公募で集まった地域の小学生33人が参加した。本所防災館の見学や校庭での火おこしも体験し、夜は体育館の中に子供たちが自分で作ったダンボールの居場所に宿泊した。   障害者も避難所を体験   墨田区では、すみだふれあいセンター(墨田区緑)などを会場に、「様々な障害者と地域の支援者による“助け合い”の模擬訓練」が10月9日と10日に行われた。 最初に、身体・知的・精神障害者とその家族14人や町会、民生・児童委員、医療従事者やボランティアなど23人が一時避難所に想定したすみだ障碍者就労支援総合センター(墨田区緑)に集まった。障害の種類や程度の記入、ボランティア派遣の要請といった避難受け付けの訓練を行った。その後、二次避難所のすみだふれあいセンターに移動し、障害に応じた居場所づくりや非常食の調理、懐中電灯を用いたトイレ使用などを体験した。夜は重度障害者を含む35人が宿泊した。 実際の災害時のように障害を持つ人が健常者と一緒に宿泊する防災訓練は初実施。「障害者の災害対応力強化事業」(2015・16年度)の一環として、家族を含む障害当事者が受援力(周囲に助けてもらう力)をつけてもらうねらいがある。普段は周囲の人が障害について認識している環境で生活している障害者にとって、非常の際に自分の障害を明らかにし、周囲にどのような部分で助けが必要かを伝えることは壁になる場合がある。訓練を通じて出た課題をもとに来年度には「障害当事者のための災害対応マニュアル」を作成する予定だという。