top

Archive | September, 2015

プロの味 戻りカツオとマグロの手こね寿司~「簾」風

家庭でできるプロの味 9月 戻りカツオとマグロの手こね寿司~「簾」風 材料(4人分) マグロ・・・・・・・・100g 戻りカツオ・・・・・・1/4尾(腹) イカ(スルメイカ)・・1/2杯 甘エビ・・・・・・・・4本 錦糸卵・・・・・・・・適量 海苔・・・・・・・・・適量 白炒りゴマ・・・・・・適量 大葉・・・・・・・・・4枚 ミョウガ・・・・・・・3~4本 レンコン(小)・・・・1本 ショウガ・・・・・・・1/2片 ワケギ(長ネギ)・・・1/2本 根ミツバ・・・・・・・1/2束 ワサビ(お好みで) (A)すし酢 酢・・・・・・・・・・90cc 砂糖・・・・・・・・・大さじ4 塩・・・・・・・・・・小さじ21/2(2杯半) 昆布だし・・・・・・・少々 (B)漬け汁 しょうゆ・・・・・・・大さじ2 酒・・・・・・・・・・大さじ1 みりん・・・・・・・・小さじ2   作り方 ①マグロは適当な大きさ(約2.5㌢×約5㌢)に切る。カツオは土佐作り(塩をふり串打ちして焼いた後に水に落とす)にして食べやすく切る。イカは水洗いして身に格子状の切れ目を入れて約2㌢×約4㌢くらいに切る。 ②①の刺し身と甘エビを(B)の漬け汁で軽く洗うように漬ける。残った汁は捨てないでおく。 ③(A)の材料を鍋に入れてひと煮立ちさせてすし酢を作る。 ④炊きたてのご飯にすし酢を入れ、味を調えておく。 ⑤ミョウガとショウガを千切りにして水にさらす。レンコンは皮をむき、半分に切ってさらに小口切りにして湯通しする。ワケギは小口切り、根ミツバは葉をむしりサッと色良く湯通しする。 ⑥ボウルなどに③のすし飯を入れて、残しておいた漬け汁を少量かけ入れ、混ぜ合わせて味を調える。茶わんに盛り、ショウガ、錦糸卵、海苔、レンコン、ミョウガ、ゴマを敷きつめる。さらに大葉を敷き、刺し身の材料を体裁良く並べ、ワケギ、ミツバを散らす。ワサビを添えて完成。 アドバイス 漬け汁は、刺し身を洗う程度に30秒ほどサッと漬けてください。魚介類のうまみが出ているので、すし飯に混ぜて使います。さらに残ったら最後にかけてもおいしくいただけます。  

高砂・奥戸から新小岩へバス新路線を検討

高砂・奥戸から新小岩へバス新路線 今秋にも社会実験を開始 環7・蔵前橋通り経由のルートを検討   葛飾区と京成バス株式会社(千葉県市川市)・京成タウンバス株式会社(葛飾区奥戸)は、高砂や奥戸地域と新小岩を結ぶ新たなバス路線の社会実験運行を開始する。 社会実験運行は、区内の南北公共交通の利便性向上に向けて2014年度の金町駅から鎌倉・細田地域を通るJR新小岩駅南口までの新路線(「新金01」系統)に続く第2弾となる。秋以降から今年度中の開始に向けて関係機関と調整中だ。 「新金01」系統は昨年6月半ばから今年3月末まで土曜・休日に運行した結果、約10万5400人(1便あたり平均乗車人数23人)の利用があり、今年度から本格運行となった。平日運行についても、実現に向けて関係機関と協議しているという。 新路線は、葛飾区高砂1丁目辺りから環状7号線と蔵前橋通りを通って新小岩駅東北広場に向かう経路が検討されている。京成タウンバスの既存路線では、JR亀有駅と新小岩駅を結ぶ路線で高砂・奥戸地域を経由するものもあるが、環状7号線と蔵前橋通りの2つの幹線道路を使って新小岩駅まで結ぶルートは初めて。現在、都営バスには江戸川区の葛西方面から新小岩駅を経由して蔵前橋通りを通る路線もあるが、葛飾区内は東新小岩4丁目までしか走っていない。 葛飾区によると、昨年度の社会実験では鉄道や既存のバス路線から離れた地域で短距離の移動での利用が非常に多く、日々の交通の足としての需要が浮き彫りになった。青木区長も「高齢者の多い地域においてバスはこれから成長できる分野」と、積極的な姿勢を示している。

「よい朝ごはん」ってどんなメニュー?

「よい朝ごはん」ってどんなメニュー? 主食・主菜・副菜のバランスをとろう   江戸川区立小岩第二中学校(江戸川区東小岩、橋本孝校長、生徒518人)で、近隣校の栄養士らが連携して1年生に健康的な朝食を摂ることの大切さを伝える授業を今月4日に行った。 授業は、江戸川区内の小中学校が年1回行う「生活リズム向上公開講座」の機会を利用したもので、小岩地区の5つの学校(南小岩二小、上小岩二小、篠崎五小、小岩二中、小岩三中)で勤務する栄養士が各クラスの担任と一緒に教壇に立った。 小岩二中を含む周辺の小中学校4校の栄養士は「よつばの会」を結成し、年に3回共通の給食メニューを出すなど連携した活動をしている。今回の取り組みの中心にもなり、夏休み中から準備を始める共同授業は「自分たちの声で伝えられる貴重な機会。子供たちの意見が聞こえることもあり、その後の仕事に生かせる」と、小岩二中の鈴木悠栄養士は語る。 4日は、5クラスの各教室に栄養士が一人ずつ入り、共通の内容で授業を展開した。1年生を対象にした事前アンケートでは9割以上の生徒が調査当日朝食を摂っていたが、パンやごはんなどの主食と飲み物だけの組み合わせが多かったという。課題となった栄養バランスの大切さを教えるために、体内でのエネルギー燃焼を飯ごう炊さんの火おこしにたとえて「新聞のように、すぐに燃えてエネルギーになるが燃え尽きるのも早いのが主食、主菜はじわじわゆっくり燃焼する薪、副菜は全体の調子を整える風のようなもの。全てがそろうことが大切」と、子供たちに伝えた。 和食の基本形とされる「一汁三菜」の形式で、オリジナルメニューを考案する取り組みは生徒たちにも好評だった。班ごとに考えたメニューは人気投票で「ベスト献立賞」を選ぶ。全てのおかずに肉を使ったボリューム満点の朝食が選ばれたクラスもあり、栄養士が「朝から食べきれるかしら」と、思わずつぶやく場面もあった。 授業を受けた矢代隼也君は、「普段は時間重視なのでこれから主食、主菜、副菜のある朝食を摂れるようにしたい」と話していた。

京成押上線 下り線も高架に

京成押上線 下り線も高架に  明治通りの曳舟駅前踏切も解消   都と京成電鉄、墨田区が京成曳舟駅周辺で進めている京成電鉄押上線連続立体交差事業で、8月22日から京成押上線の押上駅、八広駅間の下り線が高架化された。上り線の線路は2013年8月に先立って高架に切り替えられているため上下線ともに高架化が実現し、事業区間1・5㌔㍍の踏切6か所が不要になった。 下り線の高架化により、快適になったのは明治通りの車の往来だ。朝のラッシュ時間帯は“開かずの踏切”として長年不便を感じてきた人は多く、現在は踏切前の一時停止も不要になったことで車の流れが一段とスムーズになった。 一方で、京成曳舟駅を明治通り側の入り口から利用している人にとっては、改札口のある2階までの階段の利用や駅舎の位置が以前より押上方面寄りになったことで歩く距離が延びて不便を感じている人がいるかもしれない。今後の工事計画では、旧下り線や駅舎のあった部分を側道にし、そこに階段、エスカレーター、エレベーターを設置する。現在は明治通りから駅入り口の階段までは仮通路を歩かなくてはならないが、将来的には明治通り沿いからすぐに改札階への昇降が可能になる。 設備がいつから使えるかは、完了時期が16年度末ということで、あと1年 半の期間を見込んでいるが、実際にはもう少し早くなりそうだ。墨田区立体化推進担当によると、線路撤去、表装整備など残りの工事の進捗(しんちょく)状況から工期短縮に取り組み、八広方面出入り口の昇降施設設置について今年度の着手が可能と見ている。今月8日から始まった墨田区議会の第三回定例会では、これに関連して3400万円の補正予算案が提出された。

A1あそびうたグランプリ

A1あそびうたグランプリ  コミカルで個性的な歌が続々  会場の親子連れは爆笑の連続   子供のための「あそびうた」の作り手たちが全国から集い、その腕を競う「A1あそびうたグランプリ」が8月30日、小松川さくらホール(江戸川区小松川)で開かれた。 7回目となる今回は、出場枠が例年の倍に拡大され、楽譜審査を通過した計30組が出場。鍵盤やギター、タンバリンなどの楽器や音源に合わせて、個性的でコミカルな「あそびうた」が次々と披露され、会場を埋めた親子連れたちは爆笑の連続。大いに盛り上がり一緒に歌ったり動きをまねたりしながら、心の底から音楽と遊びを楽しんでいた。 決勝進出者は3組の予定が急きょ4組に。それぞれが予選とは別の歌を披 露した結果、優勝は愛知県常滑市から三味線を手に上京した「○△(まるさんかく)おんがく社」の角掛(つのかけ)けいこさんに決定。予選では三味線と木魚の音に乗せて松竹梅、鶴亀の各文字を全身でユーモラスに表現して大きな手拍子が沸き起こり、決勝では餅をついて食べる力持ちをテーマにした曲で観客を楽しませた。保育関係者ではなく、主婦をしながら三味線を使ったワークショップや音遊びで保育園を訪ねているという角掛さんは「まさかとびっくりしています。(今回作った歌で)三味線を身近にできたらうれしいな」と語った。 そのほか、準優勝にあたる「めばえ賞」は2人組の「でこぼこ」(さかたしょうじ、つのだゆい)が受賞。審査委員長の中川ひろたかさん、審査員の新沢としひこさんらが選んだ「キャラ賞」なども発表された。 終了後、中川さんは「全国にこれだけ子供たちの面白い歌を作る人がいることに感動しますね。大きな輪になればいい」と話していた。この日の上位6組の「あそびうた」は後日、オムニバスアルバムとしてソングレコードからCDが発売される。

江戸陸満員プロジェクト

東京23FC(関東サッカーリーグ1部)を強力バックアップ! 中央大の学生たちが「江戸陸満員プロジェクト」   江戸川区陸上競技場(江戸川区清新町)で9月12日に行われる社会人サッカーチーム「東京23フットボールクラブ(東京23FC)」の試合を会場いっぱいの約5000人の動員で盛り上げようと、中央大の学生が「江戸陸満員プロジェクト5000」に取り組んでいる。 「東京23FC」は2003年に発足し、現在は関東サッカーリーグ1部で活躍するクラブチーム。東京23区を本拠地としているが、江戸川区中葛西にチームの事務所があり練習を臨海球技場(同区臨海町)で行うなど、同区で活動する機会が多い。学生と組んでホームスタジアムの一つである江戸川区陸上競技場の試合に多くの観客を動員する試みは「東京23カレッジカラープロジェクト」として原野大輝ゼネラルマネージャーの出身校である中大商学部や「東京スポーツ・レクリエーション専門学校(TSR)」(同区西葛西)の学生と連携して行われた。 「江戸陸満員プロジェクト5000」にかかわっているのは、中大の「サッカークラブ経営チャレンジ講座」というインターンシップ関連の授業を受講する2・3年生(一部高校生)だ。試合前のイベントや飲食店出店の立案から、企業、デザイナーとの交渉、広報活動を手がけている。当日は、7月4日の試合で先行してイベント企画を担当したTSRの学生と一緒に運営する。 12日は流通経済大FCとの対戦で、午後6時のキックオフ前の時間にエドレンジャーショー(3時30分)、キッズサッカースクール(4時10分)、アイドル「Sherry」ライブ(5時25分)が行われる。会場には、江戸川区産小松菜を使った「江戸川よしむねグリーンカレー」や西葛西のインド料理店「スパイスマジックカルカッタ」のレストランによる模擬店が出るほか、葛西非公認キャラクター「レオナルド」が登場する。 「取り組みを通じて企業に協力依頼するなど、一種の営業活動を体験して 自分たちの成長につなげることができた。皆で半年間取り組んだ成果を存分に出し、多くの人に足を運んでもらいたい」と、当日の運営指揮を担当する上川祐輝さんは話している。

スポーツキッズファイルNo.15 深川錬磨会

 昨年4月創設ながら好成績を挙げて注目を集める「深川錬磨会」(小中学生13人)は、江東区深川が拠点の柔道団体。好機とみたらためらわず攻めるのが信条で「一本勝ちがすごく多いです」と新堀英男監督。そのほか指導は栗本裕崇さん、桑原康範さんらが務める。 有望選手の筆頭は、身長168㌢の小学6年・稲邉大暉君。8月30日に開かれた全国大会でベスト8の成績を残した(6年男子50㌔超級)。兄の嵩斗君(中学2年)は関東大会3位、小学6年の丸山皓士朗君も都大会2位の実力派。女子選手3人のレベルも高い。 錬磨会の強さの源は、「よく走ること」と新堀監督。倒れない強靭な足腰はけがの防止にもつながるという。選手たちは名門・土浦日大高校の練習会にも時々参加して技術を学び、刺激を受けている。 精神的に厳しい競技だが、稽古を終えれば監督も選手も和気あいあい。一緒に勝ち負けを共有し、強くなった子が自信をつけて成長する姿を見ることが指導者としての喜びと新堀監督は話している。

西葛西駅前のムクドリ対策に決め手なし!?

「私たちは南口のクスノキが好きなんです」 西葛西駅前のムクドリ対策に決め手なし!?   東西線西葛西駅南口で、夕方になるとムクドリの大群が駅前の樹木に集まり、糞害(ふんがい)や騒音などが問題となっている。江戸川区は今年3月に新型の鳥よけ装置を導入したが、約3か月後にはムクドリの再来が確認され、8月中旬に装置の使用を中断した。 駅前の大きなクスノキにムクドリの大群がねぐらを求めて集まるように なったのは約10年前で、2008年ごろから糞害などが指摘され始めた。「夕方は木の下のベンチには座れない」と、木陰に涼みに来ていた男性は言う。江戸川区では2012年から対策に乗り出し、目玉模様の風船や黄色いリボン、危険を知らせる鳴き声を流すなどの方法を試してきた。同時に、高圧洗浄や週6日の清掃員による掃き掃除で広場の道路やベンチの汚れに対応している。人件費などにかかる予算は年間340万円に上る。 新たな装置は、滋賀県の精密機器メーカーが鳥獣被害防除のために開発したもので、スピーカーから音や鳥だけに感じられる「特殊波動」を不規則に出すことでムクドリにとって居心地の悪い環境を作り出す。 音で驚かせる方法は、鳥たちが規則性に気づいた段階で効果がなくなるこ とが多かったが、昨年、装置を導入した浜松駅周辺(静岡県浜松市、6月)や姫路城と駅を結ぶ大手前通り(兵庫県姫路市、8月)では、一定の効果を挙げている。導入費用も30万円台と、うまくいけば経費節減につながるはずだった。 ところが西葛西駅では、3月25日に設置した当初ムクドリがほとんどいなくなったが、6月中旬を過ぎたころから再び姿を現し、1か月後には以前と同じ1000羽近くまで戻ってしまった。装置を使用するとムクドリが別の木をめざすことは他の自治体でも確認されていて、姫路市は装置の数を増やし、結果的に駅の反対側に群れが移動している。浜松市では群れがちょうど車道に囲まれた場所に移ってくれたことが幸いして人的被害がほとんど出なくなった。 西葛西駅の場合は、約3か月間どこか別の場所に移動した末、再び同じ場所に戻ってきた。駅の反対側(北口)にあるケヤキなどには行かず、装置が 作動して快適とは言い難い南口のクスノキにこだわりを示す理由は謎だ。 江戸川区水とみどりの課では、このまま続けても効果はなく、逆に慣れが進むと判断して8月11日で装置を止めた。今後は期間をおいて再作動させるなど、メーカー側と協力しながら検証する方向だ。樹木を切る、装置の数を増やすといった方法は、周辺の電線などに移動して被害が拡大する可能性もある。「うまく棲(す)み分けできないか試みているが難しい。近隣には葛西臨海公園や河川敷もあるのに、なぜ……」と、公園街路樹係の海老澤清也係長の悩みは尽きない。