top

11月4、5日開催!往年の娯楽名作、最新作、無声映画など全17作

 もう一度見たい映画、時代を彩った名作、見逃した新旧の話題作など全17作品を上映する「第3回船堀映画祭」が、11月4、5日、タワーホール船堀(江戸川区船堀、都営新宿線船堀駅前)の小ホールと地下1階の映画館・船堀シネパル1・2の3会場で開催される。
 今回もゲストが多彩で、淡路恵子さん(両国、錦糸町が舞台の「喜劇駅前女将」)、目黒祐樹さん(無声映画)、鈴木清順監督(原田芳雄追悼「ツィゴイネルワイゼン」)、篠原哲雄監督(最新作・東山紀之主演「小川の辺」)、カレイナニ早川さん(「フラガール」の振付師のモデル)、谷口正晃監督(2010年版「時をかける少女」)ほか。
 料金は前売りで1本500円。船堀シネパルで販売中で、番組指定でも購入できる。当日券は700円。