top

2会場で熟年計5000人 リズム運動で踊って元気に! 江戸川区が大会開く

 体育館を埋め尽くした元気な〝熟年者〟たち。健康な老後に向けた体力づくりを必要とする60歳以上の健康運動として、江戸川区が考案し、1980年から日常的に実践されている「リズム運動」の成果発表の場「第33回リズム運動大会」が今月1、8日に開かれた。
 「リズム運動」は、マンボ、ルンバ、ブルース、ジルバなどのステップを動きやすくアレンジしたもので、使う音楽に流行曲や映画音楽など多様なジャンルの曲を取り入れていることも特徴だ。
 大会は1日に同区総合体育館(同区松本)、8日に同区スポーツセンター(同区西葛西)で開かれ、両会場で約5000人の熟年の男女が集まった。昼食を挟んで計3時間弱の間、会場には約45曲が絶え間なく流れ、参加者はそれぞれのペースで体を動かしていた。