top

障害児の放課後をサポート 「生活塾 みずならの木」

障害児の放課後をサポート

「生活塾 みずならの木」

 

障害をもつ学童期の子供たちの居場所となる放課後等デイサービス「生活塾 みずならの木」が、江戸

木目調の優しい雰囲気の教室

木目調の優しい雰囲気の教室

川区東小岩に10月1日オープンした。

開設した株式会社みずならの木は、同区北小岩で2013年に民間学童保育事業を始め、元学童保育職員で子育て経験も豊富な女性たちを中心に学童保育所「生活塾 みずならの木」を運営している。児童福祉法に基づく障害児の放課後等デイサービス事業は、子供たちと向き合う活動の中で発達障害や様々な課題を抱えた子供たちと触れあう機会も多く、周囲からの「やってほしい」という声が後押しとなった。障害に関する勉強会なども開いて支援の下地も築いてきた。

デイサービス「みずならの木」は、東小岩3丁目にある建物内に事業所を構え、利用する子供たちが木目調の内装を施した教室で宿題や活動で放課後を過ごす。田邉雅絵代表は「安心感や自己肯定感など人生の基礎となる『根っこを育てる』、身の回りのことをこなす力や周囲とコミュニケーションできる『幹を太くする力をつける』をめざして子供たちとかかわりたい」と語っている。

「生活塾 みずならの木」江戸川区東小岩3の17の19 ℡5876・8644。