top

関東大震災90年の法要

 関東大震災(1923年=大正12年)から90年目を迎えた9月1日、東京都慰霊堂(墨田区横網)で秋季慰霊大法要が行われました。強烈な日差しの下、日傘を差し、世代を超えた参拝者が400~500人はいたようですが、猛暑のせいか、今年は遺族の参加が少なく感じられました。なかには、我々が引き継いでいきます、というような若夫婦と子供の姿もありました。回向院(墨田区両国)では、本田将敬副住職が「一つ一つの命どれをとっても無駄であった命はない。一つ一つの命にそれぞれの人生があったのです」と法話。回向院では毎日午後4時から誰でも参加できる供養の時間があるそうです。

リポーター・花華、9月8日