top

錦糸町駅周辺でリニューアル相次ぐ

 「テルミナ」「アルカキット錦糸町」「オリナス」など、錦糸町駅周辺のショッピングモールの改装時期が重なり、3月から新装店舗が次々とオープンする。

◎改装第1弾は1・2階が中心
アルカキット錦糸町
 最も大規模なリニューアルとなる「アルカキット錦糸町」(墨田区錦糸)は、「ダイソー」「アカチャンホンポ」など大型店1店で占める階を除くほぼ全階が何らかの改装工事を行い、従来の69店舗から94店舗に増える。
 三井不動産(子会社が同施設を管理)によると、工事完了店舗のオープン時期は3回に分けられ、3月20日に迎えた第1弾では女性向けの衣料や服飾雑貨を集積させるかたちで再構成した1、2階部分を中心に24店舗(うち新店舗は12店)が新規・改装によるスタートを切る。
 その後6月13、27日頃になる第2弾で気になるのは、家具・インテリアの「OKAY」が占めていた6階部分だ。新業態に改装中の同店は一つのフロアを「GU」や「無印良品」などと分け合うかたちになる。このほか、「クイーンズ伊勢丹」が閉店した地下1階部分は7月9日に「ライフ」「サンドラッグ」が開店し、幼児教室や新築マンションサービスカウンターなども入る。 

◎オリナス「オリチカ」4月1日始動
「カスミ」が都内初出店
 「オリナス」(同区太平)では、スーパーマーケットなどが入っているオリナスモール・コア地下1階部分を全面改装し、約8割が新規となる23店舗で構成する「オリチカ」が4月1日からスタートする。かつて「東急ストア」が入っていた場所は、北関東で展開する「フードスクエア カスミ」(本社・茨城県つくば市)が都内初出店する。加えてコーヒー・輸入食品店や北海道物産品、持ち帰りピザなどのテナントが入り、買い物の選択肢も増えそうだ。
 管理運営にあたるキャピタモールズ・ジャパンによると、フードコートは3店から5店に増やし、オリナス・モール側の飲食店街が平日のランチタイムや週末のファミリー層に対応しきれていなかった分を拡充したという。また、リニューアルにあわせて館内放送を国内モールでは珍しい男声に変更し、アナウンス役は、ラジオDJなどを務めるアラン・Jさんが担当するという。 

◎30代女性がターゲット
テルミナ ラ・ガール
 JR錦糸町駅の駅ビルとして南北の両出口で展開する「テルミナ」は、北口「テルミナ2ラ・ガール」13店舗が新規・改装出店。株式会社錦糸町ステーションビルによると、2011年3月に行った前回のリニューアルから3年が経過し、周辺環境や購買客層の変化に合わせて30代の女性をターゲットとした店舗展開をめざしたという。
 4月23日にオープンする南口「テルミナ」5階の飲食店街は、中庭部分の利用を充実させ、ガーデンテラス席のある側の店舗群「the WALK」とスカイツリーが見える「the TABLE」の2エリアに分けて特徴を出す。新たに「カワラカフェ&ダイニング」や「シエロイリオ ヒガシ」などが入る。