top

葛飾観光の新たな楽しみ方を紹介

 葛飾区が3月22日から、区内の観光スポットと同区からの東京スカイツリーのビューポイントを紹介する「葛飾今昔まちあるきマップ」を公開、葛飾観光の新たな楽しみ方を提供し始めた。葛飾観光ポータルサイト(http://www.katsushika-kanko.com/)「かつまるガイド」の「東京スカイツリービューマップでまちあるき」からダウンロードできる。
 マップでは同区内を10地域に分け、街歩きのルートを設定。それぞれの地域の東京スカイツリーのビューポイントと、観光スポットを網羅したお薦めルートを紹介。イラストや写真を利用した分かりやすい地図と共に、所要時間や距離なども詳しく記している。
 そのほか、街歩きのマナーとエリアごとの概要などを紹介。「もっと楽しくまちあるき・なりわい編」では葛飾野菜や区内産業、「同・まちの記憶編」では地域のまつりと、道や川・水路などの今昔の移り変わりも紹介している。
 一方、マップと併せて同区の観光や街歩きを楽しんでもらおうと、四季を通じて葛飾の魅力を収録した観光PR用DVD「ふるさとかつしか 東京下町紀行」も完成した。
 DVDには風景や風物詩のほか、漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」作家の秋本治さんや、映画「男はつらいよ」の山田洋次監督のコメントなども収録した。映像は約15分で、葛飾柴又寅さん記念館(同区柴又)の無料休憩室などで放映し、区内の全図書館でも貸し出ししている。また、今後は同区ホームページなど、インターネットでも公開する。