top

葛飾福祉工場・金町工場で水耕栽培のレタスを販売中

葛飾福祉工場・金町工場で

水耕栽培のレタスを販売中

 

東京都葛飾福祉工場・金町工場のアンテナショップ。野菜のほか、防災用品も数多くそろえる

東京都葛飾福祉工場・金町工場のアンテナショップ。野菜のほか、防災用品も数多くそろえる

社会福祉法人東京コロニーが運営する東京都葛飾福祉工場の金町工場(葛飾区金町)が、障害者の就労の新規事業として、野菜の水耕栽培を開始。9月1日にオープンしたアンテナショップ(隣接する別館に併設)で販売を始めた。

金町工場は、今年1月の建て替えの際に植物プラントを設置。クリーンルームでLED照明を光源とした完全閉鎖型多段式水耕栽培を6月から開始した。現時点での品目はレタス4種(ハンサムグリーン、ハンサムレッド、フリルアイス、グリーンリーフ)で、芯がなく全て食べられるこの珍しいレタスはシャキシャキとした食感や渋みのないさっぱりした味も特徴。収穫した日に販売する新鮮さや農薬を使わない安心感も消費者にはうれしい。天候に左右されず、40日ほどで収穫できるという。

一袋(70㌘以上)200円(税別)。同工場では防災用品の製造販売を主力としているが、新規事業も「順調に回り始めました」と同工場の遠藤浩さん。今後はサンチュ、春菊、パクチーなど品目を増やす構想もあるという。

アンテナショップは同区金町2の9の5。営業時間は午前10時から午後4時まで(土・日曜、祝日休み)。問い合わせは同工場3600・4001へ。