top

第37回わんぱく相撲大会

 第37回「わんぱく相撲」各区大会(主催=東京青年会議所各区委員会)が4月から5月にかけて行われた。墨田、江東、葛飾、江戸川、台東の各区の優勝者、準優勝者は次の通り。(敬称略、かっこ内は校名)

 【墨田区】(5月11日、墨田区総合体育館=同区錦糸、参加579人)   
1年男子=山田一颯(隅田)、加藤崇太(柳島)▼同女子=安沢叶(曳舟)、工藤朱莉(柳島)▽2年男子=坂本生真(緑)、岡崎寅太郎(柳島)▼同女子=石井さくら(外手)、近杏紗(柳島)▽3年男子=小宮山翔海(外手)、熊谷颯天(二葉)▼同女子=柳川菜月(隅田)、舛澤隣嘉(小梅)▽4年男子=森将太(柳島)、外山礼(小梅)▼同女子=永井月空(立花吾嬬の森)、三輪愛乃(同)▽5年男子=坂本博一(両国)、清水大輔(小梅)▼同女子=内田あさひ(第三吾嬬)、工藤恵利沙(梅若)▽6年男子=本間航平(曳舟)、荒井一樹(同)▼同女子=岡崎美由紀(柳島)、柳川晴香(隅田)

 【江東区】(5月26日、深川スポーツセンター=同区越中島、参加615人)
1年男子=大沼智樹(第一亀戸)、福田純平(八名川)▼同女子=日野心月(第一亀戸)、鈴木創妃光(東雲)▽2年男子=小島泰盛(越中島)、内野善輝(浅間竪川)▼同女子=井上碧(東雲)、一ノ谷真央(水神)▽3年男子=梅内隆宗(第一亀戸)、山賀大輝(香取)▼同女子=山内眞衣(第一亀戸)、村上菜々子(毛利)▽4年男子=川村皆斗(第一亀戸)、鈴木天陽(東雲)▼同女子=鈴木このみ(東川)、高橋枝鈴(第一大島)▽5年男子=長谷川大(八名川)、登里正太郎(第二亀戸)▼同女子=渡邊倭(数矢)、住田貴愛(東雲)▽6年男子=池田森輝(平久)、桜井椋(亀高)▼同女子=平田麻央(数矢)、河上ひより(八名川)

 【江戸川区】(5月12日、江戸川区スポーツセンター=同区西葛西、参加621人)
1年男子=園部心大(下鎌田東)、園部友大(同)▼同女子=山本茉衣子(下小岩)、斎藤来実(第五葛西)▽2年男子=石田瞬太(小松川第二)、西川一虹(第三葛西)▼同女子=岡村來佳(北小岩)、大貫未那海(篠崎第四)▽3年男子=渡會樹生(小松川第二)、斎藤成則(第三葛西)▼同女子=神原里菜(下小岩)、黒島れもん(篠崎)▽4年男子=池田旺樹(下小岩)、菊地輝光海(同)▼同女子=藤田マシミ(南葛西第三)、石井絢(第七葛西)▽5年男子=安斎雄裕(第六葛西)、土井龍樹(西小松川)▼同女子=池田紅(第二葛西)、蒲池梨央(中小岩)▽6年男子=稲辺嵩斗(東小松川)、板垣颯人(大杉)▼同女子=竹内花香(下小岩)、平川瑚晴(第七葛西)
    ◇
 【葛飾区】(5月19日、葛飾区総合スポーツセンターエイトホール=同区奥戸、参加319人)
1年男子=染谷昌宏(成城学園初等部)、河部睦生(花の木)▼同女子=アントウィー裕梨(梅田)、林佑衣(中之台)▽2年男子=小柴来斗(中青戸)、塚田康太郎(柴又)▼同女子=經堂楓(清和)、佐藤心南(青戸)▽3年男子=棒星匡輝(よつぎ)、小濱直人(南奥戸)▼同女子=アントウィー瑛梨(梅田)、前田菜花(日出学園)▽4年男子=瀧本哲治(梅田)、中村将吾(二上)▼同女子=半崎恵梨佳(幸田)、奥村美賀子(原田)▽5年男子=福澤快晴(よつぎ)、信川陸(上小松)▼同女子=阿部計(亀青)、江口椿(南奥戸)▽6年男子=池上ドナルド(清和)、宋承勲(原田)▼同女子=雨宮ひな(中青戸)、橋元雅薫(半田)
    ◇
 【台東区】(4月21日、台東区立田原小学校=同区雷門、参加218人)
 1年=佐々木俊輔(根岸)、蔵田簾太朗(東浅草)▽2年=池田崚汰(浅草)、塙進吾(東浅草)▽3年=下瀬亮太(台東育英)、山口嘉仁(忍岡)▽4年=酒井真幸(田原)、土井漱吾(同)▼女子最優秀=石井結菜(浅草)▽5年=川島海翔(松葉)、小川桜(富士)▼女子最優秀=小川桜(同)▽6年=浅野風汰(金竜)、大場優樹(同)▼女子最優秀=宮澤宝美(蔵前)
    ◇
※今回が初掲載となった台東区大会は対戦形式が男女混合のため、結果についても学年ごとの優勝・準優勝者を紹介しています。なお、4年生以上は最後まで勝ち残った女子を「女子最優秀賞」として記録するため、本稿ではこの形式に準じて掲載しました。
※4、5、6年生以上の上位入賞者は6月23日に築地本願寺で開かれる東京都大会に出場します。