top

第4回船堀映画祭11月10・11日 今年も娯楽名作や最新作が楽しめる

 ゲストに竹中直人さんや淡路恵子さんらを迎え、懐かしの娯楽名作や話題作、最新作が楽しめる「第4回船堀映画祭」は11月10日(土)、11日(日)の2日間、江戸川区船堀のタワーホール船堀の小ホール、シネパル1・2を会場に開催される。主催は船堀映画祭実行委員会(東都よみうり新聞社、タワーホール船堀、船堀シネパル、東部読売会、ボランティアスタッフ有志)。
 この映画祭は、1本500円(前売り)の料金で2日間に20本近くを上映し、過去には鈴木清順監督、滝田洋二郎監督、雪村いづみさんら多彩なゲストが出演し、年々多くの観客が訪れている。
 今年は、ゲストの竹中さんが選んだ自らの第1回監督作品「無能の人」、淡島千景さん追悼「淡路恵子が選ぶ淡島千景作品」、「ひばり・チエミのおしどり千両傘」や、4月に公開されたばかりの「わが母の記」など話題作が目白押しだ。初日のオープニングにはインド映画「ロボット」を上映し、江戸川区葛西地区に住むインドの人たちと「えどKB」がダンスを披露する。オープニングではさらに、映画通で知られる多田正見江戸川区長のあいさつと区長推薦作品の解説もある。
 多田区長へのそれらの依頼と打ち合わせのため、9月6日に同実行委員会の國吉延男会長(東部読売会・東都よみうり新聞社会長)、小川喜庸副会長(船堀シネパル代表)、大村晴朗幹事(東都よみうり新聞社社長)が区役所に多田区長を訪れ、今回の映画祭の内容を説明した。カナダ映画や邦画など3作品を候補として挙げた区長は、「区内で映画祭が行われるのは幸せ。映画文化を多くの人に堪能してほしい」と、映画通らしく笑顔で語った。