top

浅草文化観光センターに500万人が来館

浅草文化観光センターに500万人が来館

 

%e6%9d%a5%e9%a4%a8%ef%bc%95%ef%bc%90%ef%bc%90%e4%b8%87%e4%ba%ba

500万人目の来館者に服部区長から花束が手渡された。

浅草雷門前の総合観光案内所である台東区立浅草文化観光センター(台東区雷門)が11月16日、500万人目の来館者を迎えた。

同センターは、2012年4月に現在の建物に改築された。建築家の隈研吾さんによる建物は、受付の観光案内が日、英、中、韓国の4か国語で対応することや、浅草寺一帯を見下ろせる8階の展望テラスが観光客に好評だという。来館者数は13年5月に100万人に達してから毎年増加し、昨年度は118万5000人が訪れた。

16日は、1階の案内ロビーでセレモニーが行われ、500万人目の来館者となったデイビッド・ニコルソンさん(30)とセーラ・クレメントさん(31)に服部征夫区長らが花束や日本酒などの記念品を贈った。二人はスコットランドから初めて日本を訪れた。ニコルソンさんは「とても光栄に思う。建築に興味があるので日本では寺社などの建物を見て回りたい」と話していた。