top

河津桜が開花 春の気配

 河津桜の原木は、伊豆急河津駅から天城山へ向かって1.2キロ、静岡県河津町田中の飯田氏宅の庭にあります。1999年(平成11年)現在の樹齢は約50年です。同町の飯田勝美氏が、1955年(昭和30年)頃、偶然発見した苗を現在地に植えたものです。1966年(昭和41年)から開花するようになり、毎年1月下旬頃から1か月にわたり淡紅色の花を咲かせています。河津桜は、早咲きオオシマ系とヒカンザクラ系の自然交配種と推定されています(河津さくら実行委員会の資料より)。
 江東区の大横川岸の河津桜は、毎年2月中旬から下旬に満開になり、ピンク色の花が約1か月ほど楽しめるとのことです。ここの河津桜のほうが、江戸川区平井の旧中川岸辺に植えられた約30本の河津桜より早く咲きます。
 江戸川の桜は、大横川岸の桜より1週間から2週間程遅れて咲きますが、、今、見頃を迎えています。京葉道路の中川新橋から北へ総武線の近くまでです。

わが町リポーター 市川たけし