top

江戸川区の卓球少年が日本一に

 7月26日から28日まで神戸市で開かれた「全農杯 平成25年度全日本卓球選手権大会」のバンビの部(小学2年生以下)で、都代表の杉本和祗(かずし)君(江戸川区中葛西)が、日本一に輝いた。杉本君は江戸川区立第四葛西小学校の2年生だ。
 同大会は、都道府県予選を勝ち抜いた小学生がホープスの部(6年生以下)、カブの部(4年生以下)、バンビの部に分かれて日本一を争う。過去には、福原愛、石川佳純、水谷隼など現在第一線で活躍中の選手たちが日本一になっている。
 今回、バンビの部には192人が出場し、杉本君は8試合を勝ち抜いて頂点に立った。昨年3位だった杉本君は第1シードになっていたが、決勝は石川県代表で第2シードの選手。実力者同士の戦いだった。スコアは3―1。
 「相手は強かったけど、2対0になった時に勝てるかなあ」と杉本君は思った。相手は切れのいいカットボールが得意だった。杉本君はそれにうまく対応していた。最後は相手のサーブで、そのカットボールがきた。そのボールが卓球台で弾んだ時点で、勝者が決まっていた。杉本君は鋭く打ち返し、相手は空振りした。「オー!」と客席がどよめくほどの素晴らしい一打だった。
 有力な卓球選手は、元卓球選手の親からマンツーマンで習うことが多いが、杉本君は町道場の礼武卓球道場(江戸川区中葛西)で練習している。原田隆雅さんと妹の奈津子さん、小池達則さんが指導し、同大会でもコーチとしてアドバイスを行っている。1試合に1回タイムアウトを取ってアドバイスすることができるが、「8試合で1回、ベスト16が決まる試合にアドバイスしただけでした」と原田さんが語るほど杉本君は安定していた。5歳の時に道場に通い始め、その時すでに相手のボールへの反応が図抜けていた。その才能を見抜いて育てている原田さんは、相手のカットボールが弾んだ時「勝った」と確信した。道場開設4年目での快挙の瞬間だった。両親や姉弟ら会場に応援に駆けつけた家族全員で喜んだ。
 日本一になって賞状とトロフィーとメダルを受け取った杉本君は、 「金色のメダルをもらってうれしい」と、小学2年生らしいあどけない笑顔で語る。
 次の2人の目標は、「カブの部、ホープスの部でも日本一になって3個の金メダルをそろえること」と原田さん。日本卓球界の次世代を担う逸材が、大きく羽ばたき始めた。