top

東京大空襲から68年 「女性と災害」講座

 「被災」の言葉が飛び交う中、墨田区立緑図書館ですみだ文化講座「女性と災害」が開催されました。
 解説の原島早智子さんが、墨田ゆかりの美容家・山野愛子、イコン画家の山下りんの受難の時代を語りました。また、何の罪もない我が子を奪われた横田滋・早紀江ご夫妻、貧困のアフリカで心血注ぐ活動を40年続けている上智大学の徳永瑞子教授を迎え、2時間の熱い対話で盛り上がりました。
 今回の講座を最後に、この講座の開催方式が変わるということです。同図書館で長年、講座を担当してきた松島茂さんも退任されるとのことで、今後の図書館改革に期待します。

わが町リポーター 原島花華