top

旧中川・川の駅がオープン

 都営新宿線東大島西口を出て旧中川沿いを5分ほどの場所に3月16日、新たな水辺のにぎわいの拠点となる「旧中川・川の駅」がオープンしました。
 「川の駅」には、都内でも珍しい水陸両用バスが進水するためのスロープの他、カヌー、カヤックなど地元密着のウオータースポーツや、和船乗り場として利用可能な手漕ぎ船乗り場を整備しており、将来的には観光船の乗り場や防災船着き場など多様な水辺利用の拠点として期待されます。
 当日午前10時から式典が行われ、山﨑孝明・江東区長らのあいさつ、テープカットのあと、地元の小学生を乗せた水陸両用バスが、水しぶきを上げて川の中に入りました。
 バスのコースは2コース。Aコースは「東京スカイツリー」発で、1日4便。料金は大人2800円、子供1400円で、明治通りを通り、亀戸から大島に。B コースは「亀戸梅屋敷」発で、1日5便。料金は大人2500円、子供1200円。「亀戸梅屋敷」は3月17日にオープンしました。どちらのコースもアテンダントが案内するとのことです。船に似たような形のバスなので町の人気になりそうです。
 問い合わせはスカイバスコールセンター(電話03・3215・0008)。受付時間は午前9時30分~午後6時。乗車の1か月前から予約受付
 日の丸自動車興業株式会社 「http://www.skybus.jp 」

3月17日午前10時ごろから撮影
わが町リポーター 市川たけし