top

散策を安全に楽しむミニ知識〜ネイチャーボランティアスキルアップ講座から

 プロ・ナチュラリストで北小岩出身の佐々木洋さんのネイチャーボランティアスキルアップ講座に参加した。松江コミュニティ会館に集合し、講習の後、一之江境川親水公園を散策しながら自然環境の基礎知識を学ぶ。ネイチャーリーダー養成講座修了生も参加していて、佐々木先生のみならず、自然についての知識を、時にはクイズ形式で惜しみなく披露してくれるので歩いていても楽しく時間が過ぎる。参加した子供たちも好奇心旺盛で負けてはいない。
 スキルアップというだけあって専門的な話も取り交ぜながらの講座だったが、散策時に注意することなどの情報は初心者にも参考になった。
 例えば、危険な生物といえば毛虫と蜂。とにかく小さい毛虫(イラガとチャドクガ)は要注意。ツバキやサザンカの葉の裏に付着しているので虫食いのある葉は触らないように。また、蜂といえばスズメバチ。刺激しないためには①黒い服装はやめる②お弁当に鶏の唐揚げは持っていかない③甘い香水や化粧品は付けない。においで寄ってくる。蜂を見たらそーっとその場を離れよう。
 もし毛虫や蜂に刺されてしまったら、こすったり、かいたりせずに①水で流す②抗ヒスタミンの軟膏(「レスタミンコーワ」軟膏)をたっぷり塗る③冷やす。そしてお医者さんに診てもらおう。
 新緑の季節、身近な自然をたまにはゆっくり観察してみてはいかが?
 スキルアップ講座、26年度は9月にも開催予定。

自然大好き!講座参加者
安林智美さん(18)
 一之江在住
「似てるけどクローバーじゃないよ。カタバミで十円玉を磨くとピカピカになるの」。佐々木先生を師と仰ぎ、小学3年生の時からネイチャーリーダー養成講座に参加している。自然が大好きで群馬県立尾瀬高等学校に通ったというツワモノ。

奥村和希くん(9)
 北小岩在住