top

悲しみを 忘れないように!

 3月11日、墨田区緑図書館で67年前の3月10日の東京大空襲をテーマに、「東京の下町が焼き尽くされた空襲」の講座が開催されました。
 講演中、図書館側の配慮で、昨年3月11日の「東日本大震災」から1年を迎えるにあたり、来館者全員で1分間黙とうし、亡くなられた方たちのご冥福をお祈りしました。
 空襲の体験談は、斎藤昭一氏の紙芝居「ゴロウの叫び」と今井正監督の最後の作品となった映画「戦争と青春」との関わりなどのお話、黒木宏氏の「ニュース映画に見る空襲」の解説でした。大相撲の力士の出征の様子など、珍しいニュース映像もありました。

わが町リポーター(花華ワールド)