top

心を被災地に 現地を訪れて初めて分かる被災者の今(上)

 今年6月8日付本紙「江戸川区芸能文化協会有志が東北慰問へ」の記事に登場した日本舞踊家の猿若清紫恵(きよしえ)さん(62)(江戸川区松江)(以下、清紫恵さん)が、6月17、18日に慰問で訪れた宮城県石巻市と女川町で出会った人々への継続した支援が必要と感じ、今秋に再び訪問を計画している。「東京で生活する我々が全く知らなかった」現地の状況を、清紫恵さんの体験をもとに紹介する。

住民の本音伝える寄せ書き
 慰問は、いまだに支援の手が届かない、交通網が回復していない東北地方の被災地へ支援をしている田崎国男さん(73)、豊子さん(71)夫妻(江戸川区中央)の呼びかけに応じる形で、清紫恵さんが弟子や知人の演奏家と一緒に女川町の仮設住宅や岩手県陸前高田市の病院を訪れた。
 待ち合わせた石巻駅から車で女川町に向かう途中、目に入ってきたのは、津波が流し去った町に1本だけ道路が走っている光景だった。国道398号線は、震災で一帯が沈下したため1メートルほど盛り土をして整備され、陸前高田市まで延びている。石巻市内では頑丈な建物や集落が崩落を免れて建っていたが、津波が内部を抜けた「がらんどう」の屋内に人の気配はない。さらに沿岸部に向かうと、建物の痕跡すら残らない原野のような光景が延々と続いていた。「あまりにもきれいさっぱり何もなかった。涙すら出ないほど、何もない状態だった」と清紫恵さん。
 目的地の仮設住宅は、女川町の山深くにあった。バス停留所も目印もなく、案内役の佐々木喜蔵・前宮城県議会議員もハンドルを切る場所を迷うほどだ。近所に商店はなく、日用品は車を所有する人がまとめて遠方のスーパーに買い出しにいく。しかし、約400人が生活する中で食料は常に不足気味。公的機関からの物資の支援はほとんどない。現金収入がある人はわずかで、各世帯に分配された義援金は生活費として使い切り、年金や生活保護を申請する人も多い。
 実は、こうした事情を、外部の訪問者である清紫恵さんたちが知るのはこの慰問からずっと後のことになる。慰問当日は、生活の状況を聞いても「いえ、これで十分です」と、不満を口にしない人が大半だったという。「〝(文句を言ったら)バチが当たる〟という言葉を何人もが口にするのを聞いた」
 住民たちの本音は、仮設住宅のまとめ役となっている人を窓口に、その後も連絡を取り合った清紫恵さんの依頼に応え、7月27日に住民が今の思いをつづった寄せ書きの形で届いた。ファクスから吐き出された寄せ書きを読んだ清紫恵さんは胸が詰まり、すぐにはお礼の電話をかけられなかった。
 「両隣も皆が苦しい状況で愚痴をこぼすこともできず、ひたすら耐えながら限界に近づいている人が大勢いることを、たまたま訪れた先で知った。まだ支援を必要としている人はたくさんいる」
※支援物資・義援金・ボランティアの協力は、猿若さん電話3653・2585かファクス3653・2584

寄せ書きから(抜粋)

 先日はありがとうございました。2人で4畳半一間に住んでいます。寝るには、テーブルから救急箱から、台所に移さなければなりません。まさかこんな人生を送るとは思いませんでした。関東に住んでいる息子たちが来ても泊まる部屋がないので、いつも日帰りです。寂しいです。早く家が欲しいですが、女川を去りたくないので、復興を待っています。早く助けてください。(女性)

 テレビやラジオの報道で「がれき」と言うけど、私たちからしたら、その1個1個が「財産」であり、「思い出」、大切なものなのです。だから簡単に「がれき」とは言わないでください。(女性)

 全てを失い仮設生活、ようやく土地利用の個人面談が始まりました。が、見えない日々に迷うばかりです。もうすぐ盆がまいります。墓石は転がったまま。今年も転がった石の上に線香、お花をたむけます。(女性)

教訓
一、命が一番。大事なものを取りに行って流された人がたくさんいました
二、タンス貯金は絶対ダメ!
三、貴金属は思い出のあるものだけで十分。執着する人はすぐ持って逃げられるようにバッグにまとめておく
四、下着のことも忘れずに
五、車を過信しない。渋滞でそのまま流された人も多い
六、携帯ラジオも持参する
(女性)

 集会所ではいろいろなイベントをしますが、それぞれ自分を殺して笑顔で集まってきます。それがまた苦しいです。早く自立できるようにしようと話し合っていますが、だんだん悲しさがこみ上げてきます。どうしてなのでしょう。(女性)

 皆で集まって笑える場を求めています。習字や料理や手芸や運動、レクリエーションなどを定期的に行って悲しさを紛らわしています。夢に、楽しかった我が家や隣近所が出てきます。もう前のような生活はできません。でも、この命を頼りに生きていきます。早い復興を願っています。早く早く早く。命が消えてしまいます。(女性)