top

幼い兄弟が発見

 葛飾で幼い兄弟が珍しいピンク色のキリギリスを発見――。葛飾区高砂の大森春空(はるく)君(7)と弟の彗星君(4)が4月19日、自宅裏の空き地でクビキリギリス(クビキリギス)の成虫を捕まえたが、このクビキリギリス、色が変。ピンク色だったのだ。同区職員で日本昆虫協会会員の中島幸一さんによると、突然変異でピンク色をしたキリギリスはごくまれに出現するが、保護色でないため外敵に食べられてしまうことが多く、成虫まで成長するのは珍しい。特に記録的な大雪が降った今年は、越冬して春まで生き残るのはとても厳しい状況だったと推察される。
 中島さんも4年ほど前、同区白鳥の曳舟川親水公園でピンクのクビキリギリスを見つけ、新聞各紙に取り上げられた経験があり、今回、兄弟の祖母・藤本和江さんが中島さんの新聞記事を覚えていたことから、キリギリスは近くの区民事務所に持ち込まれた。中島さんは、幼い兄弟が同じ発見を成し遂げたことに驚くとともに、藤本さんが自分の記事を覚えていてくれたことで、子供たちに突然変異のキリギリスの存在を知ってもらう機会ができたことを喜んでいた。