top

平井聖天節分の豆まき

 「節分」とは本来、季節の移り変わる時の意味で、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指していた。特に立春が一年の初めと考えられることから、次第に「節分」と言えば春の節分を指すものとなった。
 江戸川区にある平井聖天では2月3日午前10時頃、寺の近くの幼稚園児が朝日にキラキラと輝く稚児姿で冠を頭に乗せ、同寺の周辺を回って戻ってきた。母親も付いてまわるので大変な人数である。11時近く、豆とお菓子の入った升を今か今かと待ち受ける観客に向かって、本堂の横の欄干からまいた。鬼に向かって豆をぶつけたのは、ここでは昔の話。赤鬼、青鬼も園児たちと仲良しなのだ。

撮影日 2月3日午前10時頃
わが町リポーター(市川たけし)