top

家康くんが台東くんに果たし状!

 静岡県浜松市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」が、「ゆるキャラグランプリ2013」での“天下統一”(1位獲得)をめざし、全国行脚を始動。初戦の相手として台東区の観光PRキャラクター「台東くん」に果たし状を送り、8月26日、浅草小学校(台東区花川戸)で、児童とともに対決した。
 家康くんは、浅草名物ドジョウは、浜松名産ウナギのライバル! と、ウナギを持参。同小学校の1~6年生20人が、台東くんのドジョウチームと家康くんのウナギチームに分かれて、「天下分け目の泥試合」と銘打ち勝負した。
 初戦はビニールプールに放ったウナギとドジョウを素手でつかみ、水槽に移した数を競う「つかみ取り対決」。子供たちは悪戦苦闘しながらも夢中で挑み、結果は、台東くん率いる「どぜうチーム」が勝利。子供たちは、「前にもやったことがあるけど、今日のドジョウは大きくてすくえなかった。つかんで捕まえるのは難しかった」と、勝負を振り返っていた。
 2つ目の戦いは、両手両足をそれぞれ結び、両手を頭の上に伸ばした状態で体を左右に動かして、装着した歩数計の数値の多さを競う「にょろにょろダンス対決」。家康くん、台東くんも参戦し、家康くん率いる「うなぎチーム」が見事勝利した。
 また、対決の間には、「駒形どぜう」(同区駒形)と「どぜう飯田屋」(同区西浅草)の協力で、ウナギとドジョウをおいしく調理した昼食が用意され、子供たちはどんぶりご飯をたいらげて力をつけた。
 “徳川家康公の生まれ変わり”というコンセプトの家康くんは、合戦用の兜(かぶと)をかぶり、言葉を発することができる“超やらまいかバージョン”で登場。「がんばるのじゃー」と声援を送ったり、勝ちどきを上げたりと、終始子供たちを楽しませた。
 家康くんは、11月のグランプリ発表まで、全国各地の「ゆるキャラ」に対決を挑み、知名度アップと浜松の観光・名産品などのPRを展開する。