top

和船で味わう江戸の粋

 江戸文化を伝える櫓漕(ろこ)ぎ和船は人々の心を癒やすエコな乗り物です。江東区では櫓漕ぎ技術の伝承を目的に活動している「和船友の会」の会員が、ボランティアで毎週1回、横十間川親水公園で操船しています。一般の人が乗船できる日は、12月から2月までは毎週日曜、3月から11月までは毎週水曜です。午前10時から午後2時15分までに受け付けを済ませる必要があります。1艘(そう)の船に2人のベテラン船頭さんが乗船していろいろと珍しい話も聞けます。事前に申し込めば、櫓漕ぎ体験もできます。JR錦糸町駅南口、または都営新宿線住吉駅前から都営バス東22系統(東京駅北口行き、または東陽町駅行き)で千田停留所下車7分、東西線東陽町駅からは徒歩20分ぐらいです。問い合わせは江東区土木部水辺と緑の課維持係TEL3647・2538へ。
リポーター・市川たけし、1月12日