top

向島百花園で甘酒と七草粥に舌鼓

 1月7日には、七草と呼ばれる春の7種類の菜「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずしろ」を粥(かゆ)に入れた七草粥、15日には米、粟(あわ)、稗(ひえ)、黍(きび)、小豆など7種類の穀類を入れて炊いた粥。これは後に「小豆粥」になった。
 これらは最近、家庭ではだんだん見られなくなりつつある。また、「あつもの」と呼ばれ、菜、肉などを入れて作った熱い吸い物にもしていた。
 墨田区の向島百花園では、正月期間中、売店を3店に増やして、春の七草を入れた粥と甘酒を出して来客を迎えた。

撮影 1月7日

わが町リポーター 市川たけし