top

出前授業で社長を体験

 墨田区立錦糸小学校(墨田区錦糸)で経営の仕組みと楽しさを学ぶ出前授業「社長になって帽子屋さんを経営しよう!」が1月20日に行われた。
 6年生に向けた授業を準備したのは一般財団法人ファッション産業人材育成機構(IFI)が運営する「IFIビジネス・スクール」(墨田区横網)でファッションビジネスを学ぶ「マスター・コース」の受講生8人だ。経営についての理解を深めるために、授業内容は小学校高学年向けの意思決定力を養うシミュレーションプログラム「CAPS(キャップス)」を活用したという。
 最初に講師の一人が帽子屋にふんして経営の試行錯誤を演じる寸劇を行い、「売り上げ」「費用」「利益」などの経営に必須の概念を解説した。続いてグループに分かれた児童らがそれぞれの班で帽子の仕入れ個数や販売価格、広告費などを決定し、1週間を1期として5期終了時点での累積利益を競うゲームを行った。回数を重ねると「広告費をかけるとお客が増えるから仕入れを多くしよう」「価格を大幅に変えて勝負に出よう」と、子供たちが積極的に意見を交わすようになり、電卓を手に経営戦略を練る様子も見られた。