top

保育士資格を取りました

ママの挑戦!

保育士資格を取りました

 

 今春に保育士資格を取得した葛飾区高砂の遠藤恵子さん(45)が、体験談を寄せてくれました。

          ◇

   一昨年夏、保育士試験受験を決意しました。学校に通い専門課程を履修後に保育所で実習しなければ受験できないと思っていたのですが、そうでなくても受けられたのです。

 

勉強に使った参考書やノート

勉強に使った参考書やノート

  筆記試験が9科目あるのには驚きでしたが、合格科目は3年間有効です。とはいえ、複数科目に共通した内容も多く、科目を越えた出題もあるので油断は禁物! 法制度の改正も多く、できれば一発合格が望ましいところです。

   8月に筆記試験があり、全科目合格の場合は、10月に音楽・造形(絵画)・言語のうち2分野を選ぶ実技試験があります。私は音楽と言語を選択しました。

   音楽は、課題曲2曲をピアノなどで弾き、歌います。4月には課題曲が発表され、伴奏はごく簡単で大丈夫です。

   言語は、4つある課題の話から1つを、3歳児向けに自分で創作、または市販の本の内容をアレンジして発表します。私は、本のアレンジを選び、擬態語や擬音語を多めに入れて臨みました。もちろん暗記! 制限時間は3分。緊張すると早口になるので、ゆっくり話すことが大切だと思いました。音楽では、失敗しても「もう一度やらせてください」とお願いして合格した人もいたそうです。

   面接がない試験だけに、演奏の技術よりも人間性を見ているためではないかと思います。あいさつで始め、笑顔で楽しそうに演技し、あいさつで終わる。そのことを意識しているかどうかで結果は変わってくると思われます。

   保育士証が手元に届いた時は「これで私も『保育士』という名称を用いて仕事ができる!」と感激しました。

   保育所の求人も多く、子育て支援が叫ばれている今日、皆さんも保育士資格を取りませんか? 老若男女を問わず、心理学や栄養保健など、今後生きていくうえで役に立つ情報も多いので、生涯学習の一環としてもぜひ学んでもらいたい内容です。