top

亀戸香取神社勝矢祭

 5月5日、香取神社の兼務社である亀出神社でお祓(はら)いと和太鼓に祝福され、「エイ、エイ、オー」の勝どきが3回、青い空に響き渡り、平安時代の鎧兜(よろいかぶと)を身に着けた武者行列が、亀出神社から香取神社までの約2キロを2時間ほどかけて練り歩く武者行列に、「武者姿がかっこいい」と、見物人から声援が送られていました。
 地元小中学生の鼓笛隊に続いて城東高校の剣道部に女子弓道部と続きます。亀戸駅前から蔵前道路まで、日曜日は歩行者天国なので、ここで待ち兼ねた幼稚園児たちと合流して、行列はさらににぎやかになった。さて、今年の「ミス勝矢」は昨年よりさらに若いお嬢さんたちで、3人のミス勝矢だけを撮るのは、周りがしっかりガードしているので、カメラの皆さん難しそうだった。
 2時間弱で香取神社に到着すると、勝矢の奉納の儀式が厳かに本殿で行われて終了となるが、我々はここからは入る事は許されません。

5月5日正午~撮影
わが町リポーター 市川たけし