top

プロの味 豚バラとゴボウの八幡巻き琥珀煮

八幡巻き完成1 八幡巻き材料

 

 

 

 

 

家庭でできるプロの味
2月 豚バラとゴボウの八幡(やはた)巻き琥珀煮

材料(4人分)
豚バラ(スライス)・・・・・・・・・・・・・・400g
ゴボウ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
ダイコン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4分の1本(約10㌢)
コンニャク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
キヌサヤ(またはインゲンなど)・・・約12枚
古根ショウガ・・・・・・・・・・・・・・・・・・1片
調味料
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500cc
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100cc
みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40cc
たまりしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・10cc
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40g
濃口しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20cc
水あめ(ハチミツ)・・・・・・・・・・・・・・少々

作り方
①ゴボウは割り箸ぐらいの大きさに切って硬めに下茹でする。
②ダイコンはかつらむきにして3㎝位の輪切りにして半月に切る。面取りして味がしみやすいように包丁目を入れる。米のとぎ汁で茹でて水にさらす。
③コンニャクは適当な大きさに切り、下茹でする。
④ゴボウ4、5本を束ねて豚バラ肉で巻く。肉は4~6枚使い厚めに巻く(=動画=)。巻き終えたら楊枝で留めておく。
⑤鍋に④とダイコン、コンニャクを入れて、水、酒、スライスしたショウガを加えて火にかける。落し蓋をする。
⑥沸騰したら砂糖とみりんを半分の量加えて少し煮た後、濃口しょうゆを半量加えて10分ほど弱火で煮る。
⑦残りの調味料を入れ、色がきれいについたら、味を調えて完成。
⑧キヌサヤなどは、色湯して冷水に取り、味付けしたカツオ出汁に漬ける。

アドバイス
ゴボウにアナゴ、ウナギ、肉などを巻いたものを八幡巻といいます。今回は豚バラで作りました。ゴボウは四隅を合わせて隙間がでないようにくっつけて、肉をぐるぐると巻いていきます。煮ると肉が締まって崩れなくなりますが、巻いた直後は楊枝で数箇所留めてから鍋に入れてください。ダイコンは半月の背の部分に切れ目を入れておくと、火が早く入ります。