top

プロの味 豚スペアリブとタケノコとゴボウの飴色煮

飴色煮2 材料 飴色煮2

 

 

 

 

 

家庭でできるプロの味
5月 豚スペアリブとタケノコとゴボウの飴色煮

材料(4人分)
豚スペアリブ・・・・8本
タケノコ・・・・・・2本
ゴボウ・・・・・・・1本
古根ショウガ・・・・1片
パイナップル・・・・1/4個
インゲン・・・・・・8本
生卵・・・・・・・・4個
水飴・・・・・・・・大さじ1

(A)調味料
水・・・・・・・・・500cc
酒・・・・・・・・・100cc
みりん・・・・・・・50cc
砂糖・・・・・・・・40g
濃口しょうゆ・・・・20cc
たまりしょうゆ・・・10cc

作り方
①スペアリブはフライパンで焼き目をつけてから煮込む。
②タケノコは皮ごとゆでて下処理したものを適当な大きさに切る。包丁目を入れると味がしみやすい。
③ゴボウは5㌢ぐらいの長さに切り、たたきゴボウにする(四つ割りにして包丁でたたく)。
④パイナップルは皮を落として一口大に切る。
⑤卵をゆで、殻をむく。ショウガは薄切りにする。インゲンは色ゆでしておく。
⑥①のスペアリブを鍋に入れて(A)の調味料のうち水と酒、ショウガの薄切りを入れて5分ほど戻し煮する。他の調味料を半分ずつ入れて煮込み、タケノコ、ゴボウを入れたら残りの調味料を入れ、ゆで卵も入れて煮込む。仕上がりに水飴とパイナップルを入れる。
⑦色づくまで煮込み、インゲンをちらして完成。

ポイント
スペアリブは、15分ほど煮て一度火を止め、味をなじませてから再び煮ると肉に味がしみやすくなります。柔らかめの肉が好きな場合は圧力鍋にかけると良いでしょう。新タケノコは手に入りにくい季節になるので水煮でも構いません。

—úE’·—ä’²—’·.indd