top

プロの味 旬のタケノコとサバ水煮缶の味噌汁

●材料(4人分)
タケノコ… 2本(または生のねまがりタケノコ12本)
サバ水煮缶……………… 2缶
タマネギ……………… 1個
豆腐…………………… 1丁
卵……………………… 4個
万能ネギ……………… 1/2束
ミョウガ…………… 2〜3個
田舎みそ……………… 適量
だし汁…………………… 700cc

●作り方
(1)タケノコは穂先を斜めに切り取り、あとで皮をむきやすいよう縦に1、2センチ切れ目を入れる。
(2)たっぷりの水に米ぬか、タカノツメを入れ、落し蓋をして中火で1時間ほどゆでる(竹串が軽く刺さる程度まで)。
(3)火を止めてさらに1時間ほど鍋に入れたまま置く。
(4)(3)のタケノコの皮をむき、厚さ2 〜 3ミリの拍子切り(穂先も同様)にする。
(5)タマネギは半分に切り、厚さ5 〜8 ミリにスライスする。
(6)豆腐は好みの大きさに切る。
(7)ミョウガは縦半分にし、千切りにする(軸にあらかじめヨコから切れ目を入れると簡単)。
(8)鍋にタケノコ、タマネギ、カツオだし汁を入れて火にかける。
(9)タマネギに火が通ったら味噌を溶き入れる。
(10)サバの水煮缶を汁ごと加え、豆腐を入れる。
(11)温まったら軽く溶いた卵を回し入れ、火を止める。
(12)器に盛り付け、ミョウガと小口切りにした万能ネギをのせて完成。

・アドバイス
旬のタケノコとサバがよく合う一品。水煮缶を使用することで、さっぱりとした中にほどよいコクのある味に。ねまがりタケノコ(五三竹)はこれからが旬を迎え、おいしい季節。生のまま乱切りにして入れます(根元の方は固い節のみ取り除く)。タケノコとは違った味わいがあるので、手に入ればぜひこちらで作ってみてください(水煮の場合は新鮮なタケノコと一緒に入れると良いでしょう)。具材は、食べたときにそれぞれの存在を楽しめるよう大きめ、厚めに切るのがポイント。ボリューム満点で主役のおかずになります。サバの代わりに豚バラ肉でもおいしくできます。””