top

プロの味 旬のタケノコおから鋳込み揚げ&春巻揚げ

タケノコ鋳込み揚げ2材料 タケノコ鋳込み揚げ

 

 

 

 

 

家庭でできるプロの味
4月 旬のタケノコおから鋳込み揚げ&春巻揚げ

材料(4人分)
タケノコ・・・・・2本
おから・・・・・・500g
ニンジン・・・・・1/4本
ゴボウ・・・・・・1/2本
レンコン・・・・・1/2節
シイタケ・・・・・8枚
長ネギ・・・・・・1/2本
コンニャク・・・・1/2丁
サクラエビ・・・・20g
カツオ出汁・・・・1000cc
春巻の皮・・・・・4枚
青唐・・・・・・・4本
玉あられ(新挽粉)
天だし

(A)
砂糖・・・・・・・大さじ6
塩・・・・・・・・小さじ4〜5
薄口しょうゆ・・・90cc
サラダ油・ゴマ油・・・・各大さじ1

作り方
①最初におからを作る。野菜類(ゴボウ、ニンジン、レンコン)は小角切りにして水にさらしてアクを取る。コンニャクは小角切りにしてゆでる。シイタケも小角切りにする。長ネギは荒みじん切りにする。
②フライパンで、長ネギ以外の野菜を中火で炒める。サクラエビもオーブントースターなどで軽く焼き別に分けておく。
③サラダ油とゴマ油を入れた鍋におからを入れて焦がさないように鍋底をこすりながらよく炒める。カツオ出汁を加えて混ぜ炒める。②の野菜を入れる。
④(A)の調味料を2、3回に分けて入れ、味を調えながら炒り煮にする。
⑤全体が固くなってきたら、サクラエビ、長ネギを入れてサッとかき混ぜたら完成。
⑥タケノコは軸(穂先と根元を落とした真ん中の部分)をセルクル(丸い抜き型)などでくり抜き、打ち粉をして内側に温かい状態のおからを鋳込み(詰め込み)、もう一度全体に打ち粉をする。天ぷら衣をつけた後、玉あられまたは新挽粉をつけて油で揚げる。
⑦春巻の皮におからを包んで揚げる。青唐は油で素揚げにする。
⑧揚げたものを食べやすい大きさに切り、皿に盛りつけて天だし、塩を添えて完成。

ポイント
タケノコの鋳込み揚げは春の香りが楽しめる一品です。中に詰めるおからを温めておくと揚げ時間が少なくて済み、焦げるのを防げます。冷めてしまったら衣をつける前に少し電子レンジにかけても良いでしょう。余ったおからは温め直してから新たに長ネギを加えると食感が楽しめます。

—úE’·—ä’²—’·.indd