top

プロの味 和風天津玉子焼

家庭でできるプロの味
6月 和風天津玉子焼

【材料】(4人分)
カニ身(カニかまでも可)・・・8本
豚バラ(スライス)・・・100g
卵・・・8個
ナス・・・2本
厚揚げ・・・1枚
シイタケ・・・8枚
タケノコ(水煮)・・・1片
根ミツバ・・・1束
長ネギ・・・1/2本
ゴーヤ・・・1/2本
お好みで古根ショウガ(しぼり汁)黒酢
(A)琥珀餡
カツオだし・・・500cc
みりん・・・60cc
濃口しょうゆ・・・60cc
水溶き片栗粉・・・適量

【作り方】
①ナスは半分に切り皮に格子状に切れ目を入れる。豚バラは3等分、厚揚げは6等分にする。フライパンに油をひいて焼き目をつけ、火が通ったら塩、コショウ、しょうゆで下味をつける。皿に盛り付けておく。
②ゴーヤは半分に切って芯をくり抜き、薄切りにして油で色よくめる。
③(A)の材料を合わせて鍋に入れ、をつくる。
④カニ身を荒むしりする。シイタケは小口切り、タケノコは短冊切り、長ネギは笹切り、ミツバは3㌢ぐらいに切る。
⑤卵を割りほぐし、シイタケ、タケノコ、長ネギ、カニ身を入れて塩、コショウ、しょうゆを少量加えて味を調え、ミツバを加える。
⑥フライパンにサラダ油を入れて具入りの卵液を流し入れ、箸で半熟状になったら火を止めてかたちを整え①の豚バラとナス、厚揚げの上にかぶせる。
⑦琥珀餡をかけ、ゴーヤを上に散らして完成。

【アドバイス】
ご飯の代わりに豚肉とナス、厚揚げを敷いた天津丼風の一品です。ナスやゴーヤは揚げても良く、特にゴーヤは内側の白い部分をきれいに取り除き、油で揚げると苦みが和らぎます。卵にかける餡を甘酢にしない和風の味付けにしていますが、お好みで黒酢やショウガのしぼり汁をかけてもおいしく召し上がれます。