top

フラッパーズが全国優勝

 葛西地区で活動するジュニアチアリーディングクラブ「FLAPPERS(フラッパーズ)」が、3月30日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で行われた「USA(ユナイテッド スピリット アソシエーション)」の全国大会(ジュニア・LEVEL1)で優勝した。
 「フラッパーズ」は、約10年前に保護者たちで創設・運営し、幼稚園児から中学生までのメンバーが葛西地域のコミュニティ会館や小学校体育館で練習している。日頃の成果を「清新町・臨海町ふれあいまつり」や「臨海フェスタ」、商店街の催事などで披露してイベントを盛り上げることもある。小学生以上が毎年出場する大会では、地区大会で基礎点を超えて全国大会に出場する実力を備えているが、2位、3位で終わることが続き、優勝を果たしたのは今回が初めてだ。
 保護者の小澤亜希子さん(41)によると、今回は前年度末で卒業する子が多く、半分以上が退団した中でのスタートだった。しかし、ベテランの子が新しい子をサポートすることで一致結束し、例年以上にチームワークが向上した。また、1年間亀戸のタンブリング教室に全員が通い、跳躍や転回の技術を強化したことがレベルアップにつながった。2月の地区大会、3月の全国大会ともにインフルエンザ流行期と重なり、練習では全員がそろうことはほとんどなかったが、乗り越えて本番では最高の演技をした。「年度当初は大会優勝が絶望視されていただけに、うれしさもひとしおで、みんなで勝ち得た感が強い」と小澤さんはチームの様子を語る。

5月11日
清新町・臨海町ふれあいまつりに出演

 チームでは優勝した大会で見せた演技を、5月11日に開かれる「第32回 清新町・臨海町ふれあいまつり」(清新町緑道)で発表する。現メンバーの今期最後のイベントとなるため、大会よりさらに完成度を上げて臨みたいと張り切って練習中だ。