top

バラの花が見頃迎える 葛飾区の奥戸フラワーパーク

 バラ約40種、約400株が植えられている「奥戸フラワーパーク」(葛飾区奥戸)で現在、色とりどりのバラが咲きそろい、来園者たちの目を楽しませている。
 約2000平方メートルの敷地を持つ同園は、散策路を歩きながらバラやダリアの観賞ができる。バラは種類により開花シーズンがずれているため、開園時期(4月15日~11月30日)には常時その鑑賞を楽しめるが、6月上旬までがひとつの見頃。手入れをしている同区職員によると、9月にはバラを剪定(せんてい)し、10月中旬にも見頃を迎えるという。
 赤やピンク、黄、オレンジとさまざまな色のバラの競演は見事で、毎年この時期を楽しみにしている区民も多い。一方、7月上旬から10月下旬頃にかけては、同敷地内の「ダリア園」で約20種、190株のダリアも鑑賞時期を迎え、バラとダリアが競うように園内に咲き誇る。
 所在地は同区奥戸9の15の16。午前9時~午後5時開園。入園無料。