top

ソラマチに「すみだ水族館」開設

 東京スカイツリータウン内に5月22日に開設される「すみだ水族館」の概要がこのほど発表され、1日から年間パスポートの先行販売や団体予約の先行受け付けも始まった。
 同水族館は、スカイツリータウン・ソラマチの5、6階部分に設けられ、二つのフロアをつなぐらせん状の「スパイラルスロープ」から、視点を変えてプール型水槽内のペンギンやオットセイを観察できる展示演出や、国内2例目、関東では初めての完全人工海水の使用などが特徴。
 延べ床面積約7859平方メートル(バックヤードを含む)は、池袋の「サンシャイン水族館」(7765平方メートル)とほぼ同じ規模。見え方の迫力にもつながる展示水槽の水量は、プール型水槽が約350トンと、都市型水族館としては国内最大級(運営するオリックス不動産株式会社調べ)のものを導入する。
 年間パスポートは、大人4千円、高校生3千円など通常入場料金の2回分で、1年間に何回でも利用できる。また、有効期限が1か月延長され、1年1か月になる特典がある。受け付けは松屋浅草(台東区)の1階特設会場で。
 詳細はすみだ水族館年間パスポート担当電話5619・1821。