top

スモールメイカーズショーを開催

 中小企業のためのイベント「スモールメイカーズショーinすみだ」が、8月8日と9日に国技館(墨田区横網)で開かれた。
 この催しは、中小企業が集積する全国の6都市の首長・商工会議所のトップなどが集う「第9回中小企業都市サミット」の墨田区開催に合わせ、墨田区内の中小企業者が実行委員会を結成して開催した。
 会場となった国技館内に約160社のブースが立ち並び、ステージで行われたファッションショーやシンポジウムでは用意された客席とは別に、桟敷席で観覧する人の姿も見られた。イベントは商談の場を用意するだけでなく、中小企業のユニークな取り組みを紹介するコーナーも設けられ、夏休み中の子供たちが町工場の廃材を利用して万華鏡作りに挑戦したり、9日に開催された「全日本製造業コマ大戦」では、大人に交じって参加したりして楽しんでいた。
 「コマ大戦」は国内の金属加工業などの技術者たちが2012年から始めた喧嘩(けんか)ゴマの大会。各社ごとに技術を結集してコマを作り上げ、持ち技を駆使して戦わせる様子が注目度を増している。今回の「エキシビションマッチG3 国技館本場所」には23チームが出場した。優勝したのは銅タングステン製の「Team An」(株式会社日本コンピュータ開発・有限会社大柴製作所)で、表彰式には「国技館を意識して」関取姿の制作関係者がステージに上がった。期間中は「全日本製造業コマ大戦協会」が出店して販売も行い、店頭に立つ金属加工の若手経営者らがコマの技術を熱く語る様子に通りかかる人が耳を傾けていた。

6都市間のネットワークを強化
中小企業都市サミットで“すみだ宣言”

 2日間にわたって開かれた「第9回中小企業都市サミット」では、墨田区、大田区、埼玉県川口市、長野県岡谷市、大阪府東大阪市、兵庫県尼崎市から市長・区長や商工会議所の会頭、支部長などが集まり、「ものづくりの魅力発信とネットワーク」をテーマに首脳会談や分科会などで議論が交わされた。9日の最後には山﨑昇墨田区長から6都市間のネットワーク強化や新市場開拓の重要性を盛り込んだ共同宣言文「すみだ宣言」が発表された。また、松原忠義大田区長が6都市連携のデータベース構築の構想が出たことなどを明らかにした。「これまでは集まっても暗い話が多かったが、久々に前向きな案が出た」という。