top

スポーツキッズファイルNo.10 柴又親子空手教室

スポーツキッズファイルNo.10

柴又学び交流館での稽古風景。「エイッ」と子供たちの元気な声が響く

柴又学び交流館での稽古風景。「エイッ」と子供たちの元気な声が響く

 

柴又親子空手教室

 

 「柴又親子空手教室」は、葛飾区柴又の「柴又学び交流館」と保育園「ひかり学園」を会場に、週4回(土曜)ペースで開かれている松濤館流の空手教室。参加は親子ペアが基本だが、なかには子供だけの参加者もいて、また子供が大きくなったあと親だけが習い続けるケースもある。現会員は22人で、うち子供は12人だ。

 指導者の村上孝利さん(62)(三段)は柴又在住だが、20代後半から埼玉県三郷市で空手を教えており、現在、三郷市空手道連盟事務局長を務める。この柴又の教室は柴又学び交流館(当時は社会教育館)からの依頼で、15年ほど前にスタートした。

  もう一人の指導者、中島修さん(53)(二段)とともに、教室は毎回90分ほど行われ、突きや蹴りなどの基本動作から、形、組み手まで幅広く指導している。健康づくり、体力増進はもちろん、同教室は親子のコミュニケーションづくりIMG_4458にもなると村上さん。現在の最年少は小学1年生だが、年齢制限はなく、幼児も受け入れている。