top

スポーツキッズファイル22 江東ラグビークラブ

スポーツキッズファイル22

江東ラグビークラブ

幼児から小学6年生までを対象としたスクール「江東ラグビークラブ」は、東京海洋大学越中島キャンパス(江東区越中島)を拠点に活動中。1986年創設で今年は30周年の節目の年でもある。

プレースタイルは「ディフェンス(争奪)からアタック(継続)への全員ラグビー」。総勢約120人の大所帯とあって、活動や指針は学年ごとに区別している。例えば、幼児(原則3歳以上)は「ボールに触れながら、元気よく走る、楽しい遊びのラグビー」が指針だが、幼児がボールを持って懸命に走る姿は格別にかわいらしい。現在女子選手も数人いる。

海老原俊行代表によると、クラブでは選手育成を重視し、大けがのないよう「基礎をしっかり教えて」いる。ラグビーは「自分たちが判断して決めていく」競技であり、「身体だけでなく精神的にも成長していく」点が魅力とも。グラウンド不足はラグビー界全体の悩みだが、ワールドカップでの日本の活躍による競技人口の増加は海老原さんも実感していて、喜ばしいことと話していた。

DSC_0043

低学年(小学1・2年)の交流戦

低学年(小学1・2年)の交流戦