top

スポーツキッズファイル No.6 南篠崎ランチャーズ

「南篠崎ランチャーズ」は南篠崎町会青少年部の下部組織として1977年創設。コーチ陣などスタッフにはランチャーズOBも多く、梅原潤一監督もその1人。過去には都でベスト8の実績を誇る。

江戸川区は80数チームがひしめく激戦区だが、昨年は強力打線がチームを引っ張り、ジャビットカップ江戸川区大会で準優勝。都知事杯争奪江戸川大会では優勝を果たし、都大会も2回戦まで駒を進めた。さらに3年生以下の区大会も優勝し、充実した年になった。

34人の選手たちは、町会の一員として地元の美化運動にも毎月参加。監督歴も8年持つ高橋和平部長は「夢、希望を持とう」「感動を与えよう」と選手に日々話し、「時間励行」「礼儀作法」をモットーに強さのみならず仲間の大切さを教えることがチーム方針と話す。
今年は篠崎少年野球連盟のリーグ戦で3位だったが、11月の同連盟の大会で優勝し、「年の最後でようやく投打がかみ合いました」。年明けからは5年生中心に2月の大会に向けて練習の日々が始まる。

えとき

é ê^ÇP南篠崎ランチャーズ

é ê^ÇQ「みんなをまとめて優勝狙っていく」と話す次期キャプテンの光澤泰智君(5年)