top

スポーツキッズファイル No.5 日本空手道 懐古塾

「日本空手道 懐古塾」は、江戸川区平井の小松川区民館で毎週火・金曜に開かれている空手道場。現在の塾生は小学生男子4人、女子2人に中高生を加えた計9人。指導にあたるのは、20代前半から千葉県内を中心に空手を教えてきた阿部雄一さん(64)と長男の健太さん(24)。また、阿部さんの師匠の土屋翼さんも相談役として月1、2回道場を訪れている。

気合いっぱいに声を出しながら、突きや蹴りなど基本の型を繰り返し、またこれらの使い方を習得するべく時には組み手もこなす子供たち。1時間30分の稽古は慣れていないと「大人でもかなり厳しい」と阿部さん。ただ、ハードな稽古を乗り越え、同時に礼儀作法を学ぶことによって子供たちは成長し、精神的な強さや自信、忍耐力を身につけていくとも。

小松川地区での道場開設は今年で13年ほど。これまで口コミで広がってきたが「やりたい方は大いに歓迎」と阿部さん。「楽しく続けることが大事」と、年一度のバスハイクもこの道場の恒例行事だ。

えとき

é ê^ÇP日本空手道懐古塾

é ê^ÇQ一列に並び、阿部さんの掛け声とともに突きの型を確認中