top

スポーツキッズファイル No.3 江戸川区アーチェリー協会・ジュニア

来年創立50年を迎える江戸川区アーチェリー協会。そのジュニア(小4年~高3)には現在20数人が所属する。同協会の近藤忠文理事長によると、区単位でジュニアが「これだけいるのは聞いたことがない」と話す。

ジュニア選手は、江戸川区松本の同区総合体育館アーチェリー場も使うが、活動拠点といえば勤労福祉会館アーチェリー場(同区船堀)。指導者は、都アーチェリー協会理事の小杉理加さんら。近藤理事長の話では「遊び感覚で自由にやっているうちにうまくなり、楽しくなってくる」子が多く「まずは楽しく」が指導の原点という。

一昨年の国体青年の部2位の遠藤優さんを始め、卒業生・現役には将来有望な選手も多い。6月の「全日本小学生中学生アーチェリー選手権大会」には4選手が出場し、男子小学生の部で木村郁哉君が全国優勝した。日曜には協会未登録者も参加できる「ジュニア初心者教室」を頻繁に開いて、競技人口の拡大にも積極的。今後も多くの選手がここで育ち巣立っていきそうだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

江戸川アーチェリー協会・ジュニア

é ê^ÇQ

的を狙う表情は真剣そのもの