top

コタローがPR大使に

1410842852 葛飾区は、11月に初開催する「かつしかフードフェスタ」の公式PR大使に、ショートアニメ「野良スコ」の主人公「コタロー」を起用、その任命式が9月5日に行われた。
「野良スコ」は、テレビ朝日系列の人気音楽番組「musicるTV」内で放映中のアニメ。スコットランドから来て葛飾で暮らす野良ネコの「コタロー」と、街の住人たちとの日常をコミカルに描いた作品だ。今年4月からは映画館「109シネマズ」の劇場マナーCMにも採用されている。
「かつしかフードフェスタ」は、同区内の飲食店45店が集結する野外グルメイベント。食文化の情報発信を目的に、11月22、23の両日、同区立新小岩公園(同区西新小岩)で開かれる。
PR大使の任命式は「第30回葛飾区産業フェア」開催中の東京理科大葛飾キャンパス(同区新宿)で行われ、青木克徳区長と監督の内山勇士さん、そして主人公「コタロー」(着ぐるみ)が一列に並んだ。「野良スコ」の監督のみならず脚本やキャラクターデザイン、コタローの声も担当している内山さんは「祖母が立石に住んでいたので(葛飾区は)慣れ親しんだ場所」と話し、舞台を葛飾に設定した経緯を説明。PR大使依頼については「光栄なこと」と喜んでいた。
一方青木区長は、このアニメが特に若い世代に人気が高いことから「下町の魅力を若い方を通して日本中に発信できたら」と期待。この日配布された同フェスタのチラシやポスターには、新小岩公園でたこ焼きを手にするコタローが大きく描かれており、また、ネット配信用のアニメCMも10月公開をめどに制作中だ。CMにも登場する青木区長は、「(声の吹き替えは)大汗かきながらやりましたが、作品の良さが伝われば」と笑顔で話していた。