top

グルメレポート 玉屋の「玉屋定食」

ボリューム満点で味も大満足の「玉屋定食」

ボリューム満点で味も大満足の「玉屋定食」

グルメレポート「わたしのおすすめ店」

玉屋の「玉屋定食(天丼・ざるそば)」

 

劇場・シアターΧ

森下昌子(40)

 

  「元禄二八そば両ごく 玉屋」は大正・昭和の雰囲気が残る店構えで、創業大正8年(1919年)の両国に古くからあるおそば屋さん。あと5年で100年も続く老舗です。メニューには「討ち入りそば」や「義士御膳」と、ネーミングも両国の土地柄に親しみ・縁のある名前のついたメニューも多くあります。

 そんな中から、初めての方に一番お勧めしたいのは、やっぱり「玉屋定食」でしょう。天丼とざるそばのセットでボリュームは満点。迷ったらコレ。名物の二八そばは、厳選された石臼引きの粉を独自調合で仕上げてあるそうです。かなり細打ち麺だけど、手打ちだからでしょうか、コシもしっかりしていてスルスル入ってしまいます。よく「のどごしがいい」って言いますが、食べたら納得・実感します。ざるそばを温かいそばに変更可能なのも、これからの季節はうれしいサービスですよね。

 天丼のエビは、なんと天然のものが使用されていて大きいんです。サクサクの天ぷらはエビとナス、甘辛のタレがご飯にもおいしい。タレに混じった揚げ玉のアクセントも個人的には食感がうれしい。さらに日替わりの小鉢とお新香にみそ汁までついているのに、たった1000円。さすが、下町らしい良心的なお値段だと思います。もちろんそば湯も頂けます。

 劇場で公演している劇団や来場された観客の方に、どこかピカ一おいしいお店や場所はないかと聞かれたら、「玉屋さん!」と一緒に「回向院さん」はもちろん、忠臣蔵にちなんで「吉良邸跡」なんかもちょっとした時間で行けるので小さな散歩コースとして、ついついお勧めしています。

●元禄二八そば両ごく 玉屋 墨田区両国3の21の16TEL

創業から95年を迎える老舗だ

創業から95年を迎える老舗だ

3631・3844。営業時間=午前11時~午後3時 、午後5時~8時30分。木曜定休。