top

エキサイティング花火2012 江戸川区花火大会

 8月4日(土)午後7時15分から8時30分まで、江戸川河川敷で江戸川区花火大会が開催された。前もって各町会から各家庭に配られた「江戸川区花火大会都立篠崎公園先」と印刷されたチラシをほとんどの方がご覧になったと思います。会場に近い方の中には、何時頃行けば何とかなるだろうと思って、ゆっくりと出掛けた方も多いと思う。
 ところが、見物客が続々と来るわ来るわ。さすがに広い河川敷もまたたく間にいっぱいになり、土手の斜めの草地の少し空いていた所も、開始1時間前にはいっぱいになった。早く行って良い場所をとっておいても安心は出来ない。ある携帯電話会社も中継車を置き、アンテナを早々と設置していた。
 例の通り、時間になるといきなり「復活」というテーマで5秒間に1000発打ちのド迫力のスタートで、まず皆さんを引きつけた。このような速さでどんどん打ち上げられると、カメラのシャツターはついて行けないが、これに対応する術もあるらしい。教師らしい人が生徒たちに教えていた。
 打ち上げ花火はすばらしいできばえだった。他では見られないものもあり、見物客も大満足のようでした。翌日の朝刊によると、見物客は約139万人で14000発の花火が夜空に消えたそうです。

8月4日撮影
わが町リポーター 市川たけし