top

えどがわ・中葛西フェスタ

 江戸川区中葛西の就労移行支援事業所「ナチュラ」が、12月1日に「えどがわ・中葛西フェスタ」を開く。楽しみながら学べる防災体験プログラムや福祉作業所の商品の販売を行う。
 イベントでは江戸川区内の福祉作業所や就労支援事業所など8施設が参加し、自主生産品の販売やカレー、豚汁、コーヒー、紅茶などの飲食物を提供する。また、神戸市のNPO法人「プラス・アーツ」(東京ブランチ=墨田区京島)が震災時に必要な技術や知識を楽しみながら学べるよう開発した防災体験プログラム「イザ!カエルキャラバン!」が、会場内でゲームやワークショップ形式で行う体験型の防災訓練を実施する。水消火器の的当てゲームやロープ結びチャレンジ、紙食器の製作などで、子供たちも参加可能だ。
 「ナチュラ」の管理者、ボーン・クロイドさん(54)によると、このイベントは、江戸川区内の就労継続支援B型事業所などの工賃アップに取り組む「江戸川区経営ネットワーク支援事業」(24、25年度の2年間)の集大成として企画した。開催にあたって美術家や専門学校の救急救命士課の学生なども協力し、葛西中学校の美術部員がイベント用にマスコットのイラストを描くなど、地域とのつながりも生まれている。
 「精神障害者を支援対象とした福祉事業所が対外的にイベントを企画することは少ないが、この場所で何かできたらと思った。多くの人に福祉と防災について知る機会にしてほしい」とボーンさん。
 午前11時~午後3時。参加無料。問い合わせはナチュラTEL6808・5291。