top

「終わり」について考える企画展「世界の終わりのものがたり」

 日本科学未来館(江東区青海、毛利衛館長)が3月10日から6月11日まで、企画展「世界の終わりのものがたり もはや逃れられない73の問い」を開催する。
 会場内を4つのセクションに分け、「わたし」の存在を起点に、次第に視点を広げていく構成。来場者はヒントとなる科学トピックを見ながら、さまざまな観点から「終わり」を捉えた73の「問い」に答える。すべての物事に訪れる「終わり」に向き合い、人は何を大切に生きていくべきか、科学技術とどう付き合っていくかなどを考える。
 また同企画展の特設ウェブサイトでは、詩人の谷川俊太郎さんら各界の著名人が「終わり」についてのアンケートなどに答えている。
 入場料=大人1000円、18歳以下300円。開館時間=午前10時〜午後5時。火曜日休館。問い合わせは同館電話3570・9151。