top

「笑顔と街」テーマに20のアート新設 サンストリート亀戸

 大型ショッピングモール「サンストリート亀戸」(江東区亀戸)にこのほど、階段や柱など施設内各所を華やかに彩るアート作品群がお目見えした。2月10日には、完成記念イベントとして最後の20作品目を来場者たちの前で描く「ライブペインティング」と、クイズや間違い探しも楽しみながら作品を見て巡る「アートツアー」が行われた。
 このアート作品群は、専門学校「東京モード学園」(新宿区)のグラフィック学科の学生32人が、産学連携の活動の一環として「笑顔と街」をテーマにデザインした。エスカレーターの側面に描かれた動物たちのパレード、エレベーターの待ち時間も楽しく過ごせる間違い探し、生物の名前を英語表記で学べる柱など、サンストリート亀戸を訪れる人たちの〝笑顔〟を想像しながらデザインされた作品群だ。19か所に描いたアート作品は、デザイン決定後にラッピングシートなどに印刷され、昨年12月28日に一斉に設置された。
 10日の記念イベントには、同学園の約20人の学生が参加し、子供たちをアートツアーに案内したほか、ステージの音響を司るPAブースを最後の20作品目としてペイントした。学生たちは、クレヨンから伸びた色彩が広がって、虹やメロディーになるといったイメージのイラストを筆を手に丹念に制作。その様子を興味深げに見守る親子連れも多く、子供たちからは笑顔がこぼれていた。