top

「フウガ東京」が墨田をホームタウンスポーツチームに

 墨田区総合体育館(同区錦糸)などを拠点に活動していたフットサルチーム「FUGA TOKYO(フウガ東京)」が、10月5日に墨田区から正式にホームタウンスポーツチームとして承認され、12月7日から12日まで記念展示会がすみだリバーサイドホール(同区吾妻橋)で開かれた。
 「フウガ東京」は都立駒場高校サッカー部と暁星高校サッカー部のメンバーで2000年に結成したフットサルチームだ。これまでの活躍は、2009年3月に全日本フットサル選手権大会優勝、2007年から2009年までの関東フットサルリーグ史上初3連覇を果たし、今年も「第11回FUTSAL地域チャンピオンズリーグ」(3月に神戸で開催)で優勝を果たした。現在は2007年に開幕した「日本フットサルリーグ」参入を目指しているという。
 区内での活動は、既に同区総合体育館でのフットサル教室や小学校の訪問指導など積極的な地域貢献活動に取り組んでいる。「ホームタウンスポーツチーム」の承認は墨田区では初めての試みとして行われ、同チームの全国的な活躍を通じて区のアピールにつながることが期待されている。
 7日から開催された「フウガ東京の歩み」では、チームの経歴やトロフィーなどが展示され、期間中はユニークな“語録”で知られる須賀雄大(たけひろ)監督のトークショーも行われた。
 17日に総合体育館で行われる関東フットサルリーグ1部最終節(フウガ東京対カフリンガ東久留米の試合は午後4時30分〜)の後、午後6時30分から承認セレモニーが開催される。観戦は無料。