top

「ダイバーシティ東京」がグランドオープン

 江東区青海に地上9階、地下1階建ての大型複合施設「ダイバーシティ東京」が4月19日、グランドオープンした。ビジネスビルのほか、「劇場型都市空間」をコンセプトにした大型商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」も誕生、臨海副都心の新たな名所として注目を集めそうだ。
 店舗面積は、臨海副都心エリア最大級の約4万5300平方メートル。アパレルやレストラン、雑貨、サービスなど、日本初出店4店舗、新業態29店舗を含む154店舗が出店した。
 大型エンターテインメント施設は、音楽の発信拠点「Zepp Divercity(TOKYO)」や、世界初の「ガンダムフロント東京」など3施設。さらに、同プラザの向かいにあるフジテレビとタイアップした大規模イベントの開催も予定されている。
 また、6階レストランフロアには宇宙空間をモチーフにした大型ビュッフェ「APPOLO」、女性店員がメイドのコスプレで接客する話題のメイドカフェ「めいどりーみん」などバラエティーに富んだ飲食店が並ぶ。ハワイで人気の「ホノルルコーヒー」も日本初出店。さらに、東京の名店を中心に13店舗が並ぶ2階のフードコート「東京グルメスタジアム」は、座席数約700席とエリアでは最大級だ。
 そのほか、新宿・新大久保で人気の韓流グッズショップ&カフェ「KOREA 芸能人ひろば ODAIBA」、新たなショップやクリエイターを発掘する新規出店支援企画の最終審査を通過した4店舗が集まる「東京トレンドプロデュースゾーン」などの注目店舗が目白押し。外国人従業員を積極的に採用するなど、海外からの観光客への充実したサービスも特徴だ。
 事業者は三井不動産、運営管理はららぽーとマネジメント。ホームページはhttp://www.divercity-tokyo.com/